点字毎日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
点字毎日
種類 週刊紙
サイズ A4判
(活字版)タブロイド判

事業者 株式会社毎日新聞社大阪本社
本社 大阪府大阪市北区梅田3-4-5
(発行所クレジットは東京本社=東京都千代田区一ツ橋1-1-1)
創刊 1922年(大正11年)5月11日
言語 日本語
価格 月極 (点字版、年間)20,000円
(活字版、年間)12,500円
ウェブサイト http://mainichi.jp/
テンプレートを表示

点字毎日(てんじまいにち)は、毎日新聞社が発行する、新聞社が発行するものでは世界で唯一[要検証 ]点字による週刊新聞(点字新聞)。略称は『点毎』(てんまい)。点字版と活字版が刊行されている。

概要[編集]

1922年(大正11年)5月11日、当時の大阪毎日新聞社(現・毎日新聞大阪本社)が大阪市北区堂島(現在の堂島アバンザ所在地)の新社屋落成記念事業の一環として本山彦一の提唱により、中村京太郎を編集長として『點字大阪毎日』(てんじおおさかまいにち)の題号で創刊された。創刊以来、視覚障害者の福祉と文化に大きく貢献し、点字教科書の製作や選挙における点字投票の実現にも協力した。記事内容は毎日新聞本紙からの記事を点字化したものでは無く、点字毎日編集部が独自に取材・編集した、視覚障害者に関連する福祉・教育・文化・生活などの話題を掲載している。

編集・製本は大阪毎日時代に創刊された名残で現在も大阪本社(大阪市北区梅田)で行っている。

1998年(平成10年)、点字毎日の記事を活字に置き換えた「点字毎日活字版」(タブロイド版)を創刊したのに続き、2005年(平成17年)には点字毎日の2週間分の記事朗読をCDに収めた「点字毎日音声版」の発行を開始した。

関連項目[編集]

表彰[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]