北村正任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北村 正任(きたむら まさとう、1941年4月29日 - )は、日本ジャーナリスト実業家。第15代横綱審議委員会委員長。

概要[編集]

青森県出身。父は青森県知事を務めた北村正哉[1]青森県立八戸高等学校を経て、東京大学法学部卒業。

毎日新聞社に入社後、新聞記者として活動。海外特派員記者としてボンドイツ連邦共和国〈当時・西ドイツ〉)支局長を務め、東京本社では外信部長、論説委員長、編集局長、主筆などを歴任し、2004年に社長、2008年に会長へそれぞれ就任。

また日本記者クラブ理事長日本新聞協会会長も務めた。

現在は、毎日新聞社の名誉顧問、一般社団法人アジア調査会理事[2]日本ユニセフ評議員[3]公益財団法人イオン環境財団の評議員[4]

好角家としての一面[編集]

子供の頃は大変な相撲ファンであり、雪の上で相撲を取ることが良くあった。幼少期は横綱鏡里のファンであり、遊びで相撲を取る際には鏡里の役をやっていた[5][6]

稽古総見の際に幕下の稽古を見ていて、宝富士などに関しては「頑張っているな」と思っていたという。取り口からすると、嘉風妙義龍などの機敏な動きの突き押し力士が好みである[5]

2009年1月場所後に横綱審議委員会委員を委嘱される[6]。2017年1月場所後に守屋秀繁(医学者)の後を受けて第15代横綱審議委員会委員長へ就任した[7][6]。のち、2019年1月28日に開かれた横綱審議委員会の定例会で「稀勢の里とともに歩んだ2年間だった。何で私が委員長の時にこんなに(いろいろあるのか)と思うが、ほっとしている」と述べ、5期10年の任期満了をもって退任することとなった[8]

この際、横綱・白鵬が2019年1月場所を途中休場したことについて「大ケガをしたように、外からはなかなか見えない。本人以外にはどれぐらい痛いかわからないが、ちょっと不満。変じゃないかという声があったことは間違いない」と仮病を疑うような発言を行ったことが報道されている[9]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

[脚注の使い方]
先代:
斎藤明
毎日新聞社社長
2004—2008
次代:
朝比奈豊
先代:
箱島信一朝日新聞社
日本新聞協会会長
2007—2009
次代:
内山斉読売新聞社
先代:
守屋秀繁
(千葉大学名誉教授)
横綱審議委員会委員長
2017—2019
次代:
矢野弘典
(産業雇用安定センター会長)