北村正任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北村 正任(きたむら まさとう、1941年4月29日 - )は、日本ジャーナリスト実業家。第15代横綱審議委員会委員長。

概要[ソースを編集]

青森県出身。父は青森県知事を務めた北村正哉[1]青森県立八戸高等学校東京大学法学部卒業。

毎日新聞社に入社後、新聞記者として活動。海外特派員記者としてボンドイツ連邦共和国〈当時・西ドイツ〉)支局長を務め、東京本社では外信部長、論説委員長、編集局長、主筆などを経て2004年に社長、2008年に会長にそれぞれ就任。

また日本記者クラブ理事長日本新聞協会会長を務めた。

現在は、毎日新聞社の名誉顧問、一般社団法人アジア調査会理事[2]日本ユニセフ評議員[3]公益財団法人イオン環境財団の評議員[4]

好角家としての一面[ソースを編集]

子供の頃は大変な相撲ファンであり、雪の上で相撲を取ることが良くあった。幼少期は鏡里のファンであり、遊びで相撲を取る際には鏡里の役をやっていた[5][6]

稽古総見の際に幕下の稽古を見ていて、宝富士や勢などに関しては「頑張っているな」と思っていたという。取り口からすると、嘉風や妙義龍などの機敏な動きの突き押し力士が好みである[5]

2009年1月場所後に横綱審議委員会委員に就任[6]。2017年1月場所後に守屋秀繁(医学者)の後を受けて第15代横綱審議委員会委員長に就任した[7][6]

受賞歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ “北村正哉氏死去/元青森県知事”. SHIKOKU NEWS. 四国新聞社. (2004年1月26日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20040126000184 2017年11月14日閲覧。 
  2. ^ アジア調査会役員名簿(平成28年5月)
  3. ^ 財団法人 日本ユニセフ協会 (財)日本ユニセフ協会役員名簿P19
  4. ^ 公益財団法人イオン環境財団HP 環境財団役員・評議員一覧
  5. ^ a b 『大相撲中継』2017年5月27日号27頁
  6. ^ a b c “ひと 北村正任さん=横綱審議委員会委員長に就任した”. 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社. (2017年1月25日). https://mainichi.jp/articles/20170125/ddm/008/070/090000c?ck=1 2017年11月14日閲覧。 
  7. ^ “横審の新委員長に北村氏=大相撲”. 時事ドットコム. (2017年1月23日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012300776&g=spo 2017年1月23日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]

[ヘルプ]
先代:
斎藤明
毎日新聞社社長
2004—2008
次代:
朝比奈豊
先代:
箱島信一朝日新聞社
日本新聞協会会長
2007—2009
次代:
内山斉読売新聞社
先代:
守屋秀繁
(千葉大学名誉教授)
横綱審議委員会委員長
(2017年~)
次代: