浜寺水練学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜寺水練学校(はまでらすいれんがっこう)は、大阪府堺市西区浜寺公園内にある浜寺プールで、夏休み期間中に開講している水泳学校。

毎日新聞大阪本社主催。略称・愛称は「浜水」(ハマスイ)。

概要[編集]

1906年明治39年)、大阪毎日新聞(現・毎日新聞大阪本社)が堺市浜寺に海水浴場と海泳練習場を開設した際、水練学校も同時に開校した。

堺泉北臨海工業地帯造成のため、1961年(昭和36年)6月に浜寺海水浴場は閉鎖されたが、2年後の1963年(昭和38年)、浜寺公園内に大阪府営の大プールが開設されたことで、場所を移して水練学校を再開し現在に至る。明治の開校以来、在校生は37万人を超えるが、水死事故は1件もない。

創立100周年を記念した石碑が浜寺公園内(中央花壇と公園を南北に貫く道が交差する付近)に設置されている。

指導法[編集]

浜水は紀州藩に伝わっていた日本泳法である能島流を伝承している。

クラスは年齢別を縦糸に、泳力別を横糸に細かく編成。最初はプールの中を歩くことから始めて顔をつけ、バタ足と進み、夏休みをフルに活用することで、まったく泳げなかった子供でも、水に浮いて20メートル程度は進めるようになる。上級ではクロールや平泳ぎなどの基本泳法のほか、男子は日本泳法、女子はアーティスティックスイミングまで指導する。

浜水では昇級すると、研究生を経て指導者にまで進むことができる。

アーティスティックスイミング[編集]

1954年(昭和29年)、日本で初めてアーティスティックスイミングが実演されたが、すでに浜寺水練学校では1950年(昭和25年)、能島流泳法に音楽を組み合わせる試みを始めていたことから、浜水は「日本におけるアーティスティックスイミングの発祥の地」とも言われている。

アーティスティックスイミングの指導者(高橋清彦、井村雅代)をはじめ、本間三和子らアーティスティックスイマーやオリンピック出場者も多数輩出している。

主な卒業生[編集]

「毎日新聞社浜寺水練学校100年史 : 1906~2006 」(毎日新聞大阪本社 2006年6月)より

外部リンク[編集]