井村雅代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井村 雅代 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム いむら まさよ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1950年8月16日(66歳)
生誕地 日本の旗 日本大阪府
テンプレートを表示

井村 雅代(いむら(旧姓:福井、ふくい) まさよ、1950年8月16日 - )は、日本中国イギリスシンクロナイズドスイミングの指導者、元選手。大阪府出身。

人物・来歴[編集]

小学校の頃から大阪の浜寺水練学校水泳を習い、中学生になってシンクロを始めた。大阪府立生野高等学校天理大学を卒業。選手としては日本選手権で二度優勝し、公開競技として行われたミュンヘンオリンピックに出場した。大阪市内の中学校(大阪市立喜連中学校大阪市立住吉中学校)などで8年間保健体育科の教諭を務めた後、同僚の体育科教師と結婚し退職。その後、シンクロ指導者に転向し、1978年(昭和53年)から日本代表コーチに就任、1985年(昭和60年)からは「井村シンクロクラブ」を創設、競技者育成を行い独特のスパルタ式指導法で世界的な選手を次々と育てた。

長年日本のシンクロナイズドスイミング界を牽引し、基礎を築いた代表的な指導者としての実績や功績の大きさから井村は「(日本の)シンクロ界の母」と称された。

「井村シンクロクラブ」を創設した直後は専用プールもなく、独立前にコーチとして属していたクラブとの軋轢のせいで「井村にプールを貸すな」というお触れが出ていたため、シンクロのできる深いプールを求めて選手を引き連れ大阪中を駆けめぐり、片道2時間以上もかけて練習に通うなど非常に苦労した。また、元のクラブ時代にロサンゼルス五輪の日本代表コーチとしてソロ、デュエットで日本初の銅メダル獲得に貢献したが独立後もそれと同等の結果を出すことを目標としており、独立から7年後のバルセロナ五輪でクラブの一員の奥野史子がソロ、デュエット(奥野・高山ペア)で銅メダルを獲得し目標を達成した[1]

2004年のアテネオリンピック終了後、日本代表コーチを退任した。

アテネ五輪後、2008年の北京オリンピックに向けシンクロナイズドスイミング中国代表チームの監督に就任した。長年に渡って日本代表のコーチを務め、日本チームを知り尽くしている井村がライバルである他国代表チームの監督に就いたことについて、日本国内には批判的な意見もあったが[2][3]、批判に耐えて選手を指導し、オリンピックメダリストを育成。中国においても「中国シンクロチームの母」として知られた[4]。北京オリンピック後の2008年9月、契約終了にともない中国代表チームの監督を退任。その後は井村シンクロクラブで指導を行いつつ、日本や中国での講演活動も行った。

1996年から2008年まで大阪府教育委員を務め、2009年9月1日から松原市の教育委員長に就任した。

2009年2月、NHK教育知るを楽しむ 人生の歩き方」に「わたしはあきらめへん」と言うタイトルでシンクロをメインとした半生を語った。

2010年9月、5ヵ国からオファーを受け中国代表のヘッドコーチに復帰し[5]、2012年8月のロンドンオリンピックで同チームのデュエット銅メダル・チーム銀メダルに導いた[6]

2013年5月、イギリス代表のコーチに就任し[7]、2ヶ月半の指導で世界水泳選手権デュエットのテクニカルルーティンとソロのフリールーティンを8位に導いた[8]

2014年2月、日本代表のコーチに復帰した[9]2014年アジア競技大会では、採点方法が前年度から変更され、各国が点数を落とした中、日本は2013年世界選手権を上回る得点を記録した[10]

2015年1月には、日本水連から16年のリオデジャネイロ五輪のヘッドコーチに井村を起用することを正式に承認された[11][12]

2016年8月、リオデジャネイロオリンピックにおいて、井村の指導を受けた日本シンクロチームはデュエットとチームで銅メダルを獲得した。

井村の指導者としての世界大会のメダル受賞歴[編集]

  • 2016年 - リオデジャネイロオリンピック デュエット種目の乾・三井組、チーム種目それぞれ銅メダル。

著書[編集]

共著[編集]

関連項目[編集]

  • 井村が指導した選手(本文中に取り上げた選手を除く)

脚注[編集]

  1. ^ 「30代の軌跡 井村雅代」 光文社 『DIAS』(2001年12月20~27日号)小山唯史
  2. ^ <この人>シンクロナイズドスイミング コーチ 井村雅代 - 中国国際放送局
  3. ^ 井村雅代の新たなる挑戦 - Number Web
  4. ^ Friend? Mother? Coach? Either way, Masayo's a winner - China Daily 2012-08-12
  5. ^ 5カ国からオファー 井村雅代氏 中国コーチに復帰 - スポニチ
  6. ^ 朝日新聞 2012年8月12日朝刊14版 17ページ
  7. ^ シンクロ:井村氏、英国代表コーチに - 毎日新聞 2013年05月05日
  8. ^ 英国ペア9位…井村氏、充実感「役に立てたと思う」 - スポーツニッポン 2013年7月26日
  9. ^ シンクロ井村氏、日本代表コーチに復帰”. 朝日新聞. 2014年6月29日閲覧。
  10. ^ 日本シンクロ手応えの銀 各国が点数を落とす中、92点超え”. スポーツニッポン. 2014年9月22日閲覧。
  11. ^ シンクロ、ヘッドコーチに井村氏 来年のリオ五輪に水連”. 共同通信 (2015年1月6日). 2015年7月28日閲覧。
  12. ^ リオ五輪へ、日本シンクロ正念場。井村コーチ復帰後初の世界水泳へ!”. Number Web (2015年7月12日). 2015年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]