藤丸真世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
シンクロナイズドスイミング
オリンピック
2004 アテネ チーム

藤丸 真世(ふじまる みちよ、1979年4月6日 - )は、東京都調布市出身のシンクロナイズドスイミング選手。 2004年アテネオリンピックシンクロナイズドスイミングチーム銀メダリスト(当時の所属はヒノキ新薬[1])。2001年福岡世界水泳銀メダリスト。2003年バルセロナ世界水泳コンビネーション金メダリスト。チーム銀メダリスト。

3歳から名門アクラブ調布(当時は金子スイミングスクール)にて水泳を始める。 競泳コース、シンクロコース両方からの誘いがあり、母の勧めで7歳でシンクロコースへ。


小学生のころのジュニアオリンピックでは12歳以下でソロ・デュエット・チーム優勝、13-14歳、ソロ2連覇。 最優秀選手受賞。

ドイツジュニアワールド代表

アメリカンカップ、スイスオープン、ナショナルB代表として活躍。

2001年初代表入り。


日本体育大学卒業。その後、日本体育大学大学院修士課程でスポーツ史を学び修士号を取得する。

フジテレビの『ジャンクSPORTS』に出演し、シンクロの楽しさと練習の厳しさを伝える。

2005年度東京消防庁の危険物安全週間啓発用ポスター(シンクロソロ姿のドアップ)のモデルに採用され、災害の未然防止、危険物に関する知識の普及に貢献したことで東京消防庁総監から感謝状を貰い日体大大学院1年次に表彰されたことがある。

選手引退から大学院修士課程修了後、2006年に[2]TBSテレビに入社。スポーツ局に勤務。当時の様子が『明石家さんちゃんねる』にて2007年6月に放映された。


現在は、水泳担当・シンクロ取材ディレクター。

五輪の経験を生かし、講演活動や、水泳指導を通じて子どもたちに水泳の楽しさも伝えている。

2014年現在2児の母。

脚注[編集]

外部リンク[編集]