この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

立花美哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

獲得メダル
日本の旗 日本
アーティスティックスイミング
オリンピック
2000 シドニー デュエット
2000 シドニー チーム
2004 アテネ デュエット
2004 アテネ チーム
1996 アトランタ チーム

立花 美哉(たちばな みや、(現姓:宮川)[1] 1974年12月12日 - )は、アーティスティックスイミング元選手で現在は指導者。滋賀県大津市生まれ。身長170cm、体重55kg

来歴

小学生のときに京都踏水会(京都市)でシンクロを始め、その後、井村雅代が代表を務める井村シンクロクラブで指導を受けた。1991年の世界ジュニア選手権大会では3冠に輝く大活躍。四天王寺高校卒業後、同志社大学に進学。その後、カナダへの競技留学などのため、同志社大学を中退。

1996年アトランタオリンピックでは日本チーム代表として銅メダルを獲得。2000年シドニーオリンピック2004年アテネオリンピックでは、デュエット・チームと共に五輪2大会連続の銀メダルを獲得。武田美保とともにデュエットで臨んだ世界水泳選手権2001年)で、シンクロ界で日本史上初めて金メダルを獲得。

アテネ五輪後に現役を引退。日本オリンピック委員会(JOC)のスポーツ指導者海外研修制度を利用して米カリフォルニア州に渡り、サンタクララのクラブに留学。

2008年北京オリンピックではジャパンコンソーシアムでのテレビ解説を務めた。

2008年10月に帰国後、出身クラブである井村シンクロクラブでコーチとして活動している。

2012年2月に大阪府在住の男性会社員と結婚したことを発表。

主な戦績

  • アトランタ五輪(1996年)チーム銅メダル
  • 世界選手権(1998年)ソロ銅メダル、デュエット・チーム銀メダル
  • シドニー五輪(2000年)デュエット・チーム銀メダル
  • 世界選手権(2001年)ソロ銅メダル、デュエット金メダル
  • アテネ五輪(2004年)デュエット・チーム銀メダル

受賞

脚注

外部リンク