西山太吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西山 太吉(にしやま たきち、1931年 - )は、日本のジャーナリスト西山事件で知られる。

経歴[編集]

山口県下関市出身。山口県立下関西高等学校慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修了後、毎日新聞社に入社。毎日新聞政治部記者などとして活動した。

1972年沖縄返還時の日米間の密約について、“外務省の女性事務官と密かに情を通じ、秘密漏洩を唆した”として、東京地方検察庁特別捜査部に逮捕・起訴される(西山事件)。1974年の一審判決では無罪判決、1976年に控訴審で有罪判決が下り、上告するも1978年に棄却され確定。

一審判決直後に退社。以後、家業の西山青果株式会社に勤務し、1991年に退職。現在は在野のジャーナリストとして活動している。

2000年になって、密約を裏付ける米国公文書が発見されたため、起訴されたことを不服とし国家賠償法に基づく賠償請求訴訟を2005年に提起。2006年、対米交渉を担当した吉野文六外務省アメリカ局長(当時)は密約の存在を北海道新聞共同通信朝日新聞の取材に対して認めた(吉野は1999年に、政策研究大学院大学の「吉野文六オーラルヒストリー」においても同等の証言をしている)。2007年3月27日、東京地裁は、20年の除斥期間を経過しているとして、密約の存否に触れず、請求を棄却する判決を下した。これに対しては2009年3月18日に取り消しと開示決定及び賠償を求めて提訴(沖縄密約情報公開訴訟)、一審勝訴。「超完全勝利だ。何も言うことはない。私たちが主張していたことを全部くみ取ってくれた。司法が密約を認めた歴史的意義のある判決だ」とコメントしている。なお、勝訴しても有罪判決は変わらないが、無罪を求める再審請求については「全く考えてません」[1]と述べた。

2010年3月9日、密約検証の有識者委員会が“密約は存在し、全て事実”の報告書を提出。12日、岡田克也外務大臣が記者会見で「大変有能だったにもかかわらず、この世界から追われる形になり、個人的にはお気の毒だと思うし、惜しいと思う。外務省がどうかかわっていくべきなのかについて、少し頭の整理がいると思う」と評価[2]

2013年11月21日には特定秘密保護法案を審議する参議院国家安全保障特別委員会で参考人として意見陳述。法案は秘密の部分が曖昧であり「外交交渉の都合の悪い部分を隠し、都合のいい部分だけを出すことになりかねない」と批判、「外交交渉のプロセスをいちいち公開する必要はないが、結論は全部、国民に正確に伝達しなければ、民主主義は崩壊する」「結論を公開することを与野党共通の土台にしてほしい。それだけで特定秘密の領域は相当限定される」と注文した。また法律の早期成立を急ぐ第2次安倍内閣に対し「権力集中には必ず秘密保全が伴うが、戦後、こんなに一挙に権力集中の動きが出たことはなかった。反省してほしい」と述べた[3]

主な著書[編集]

関連項目[編集]

  • 西山事件
  • 運命の人 - 山崎豊子の長編小説。主人公・弓成亮太のモデルは西山。
  • 澤地久枝 - 西山が起訴された裁判を初公判から傍聴し、『密約―外務省機密漏洩事件』(岩波現代文庫)にまとめる。
  • 千野皓司 - 澤地久枝『密約―外務省機密漏洩事件』が1978年にテレビドラマ化された際に、監督を務める。同作品は、1978年度テレビ大賞優秀賞受賞。1988年には劇場公開され、日本映画復興会議奨励賞受賞。2010年にもリバイバル上映されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]