エクスプロイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エクスプロイダーExploder)は、プロレス技の一種である。英語圏ではT-ボーン・スープレックスT-Born Suplex)と呼ばれている。

概要[編集]

秋山準のオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の左肩の上に右腕を引っ掛けて、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回し、体をブリッジさせ、両腕のクラッチを切って相手の体を後方へ投げ捨てる。技名は秋山の通称が当時「超新星」であったことから新星爆発から連想させて英単語で「爆発」を意味する「Explosion」とプロレスの投げ技である「スロイダー」の合成造語で秋山の命名である。相手の実力や状況に応じて落とす角度が調整しやすいという利点もある。秋山はインタビューで素早く相手を捕らえて投げる事が出来なおかつ落とし方を調整しやすい投げ技の必要性を感じて試行錯誤の末に考案したと語っている。

主な使用者[編集]

派生技[編集]

垂直落下式エクスプロイダー
向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の左肩の上に右腕を引っ掛けて、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回し、相手の体を垂直になるまで抱え上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を叩きつける。
雪崩式エクスプロイダー
相手をコーナー最上段に座らせて自身もセカンドロープに登って仕掛けるエクスプロイダー。
リストクラッチ・エクスプロイダー
秋山準のオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて右手で掴んだ相手の左手を相手の股の前へと持っていって、腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ左手で相手の左腕を掴み、自由になった右手を相手の左肩の上に引っ掛けて、相手の体を垂直になるまで抱え上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を叩きつける。
変形リストクラッチ・エクスプロイダー
秋山準のオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて右手で掴んだ相手の左手を相手の股の前へと持っていって、腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ左手で相手の左腕を掴み、自由になった右手を相手の左肩の上に引っ掛けて、相手の体をフィッシャーマンズ・スープレックスの要領で叩きつける。
エクストマック・クラッシャー
秋山準のオリジナル技。相手をエクスプロイダーの要領で軽く持ち上げたあと左膝をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の腹部を立てた右腿の上に叩きつける。
エクスプロイダー・オブ・ジャスティス
永田裕志のオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて右手で掴んだ相手の左腕を相手の左腿の裏側へと持っていって、相手の股の間に正面から差し込んだ左手で相手の左腕を掴み、自由になった右手を相手の左肩の上に引っ掛けて、相手の体を垂直になるまで抱え上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を叩きつける。
T-ボーン・スープレックス
相手を投げる際に体を捻って相手に体を浴びせかけてパワースラムのような形で叩きつける。英語圏では通常型のエクスプロイダーはTボーン・スープレックスと呼ばれて上記の変型式も同名称で呼ばれる。
ヲロチ式エクスプロイダー
ヲロチのオリジナル技。向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにして左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自身の首の後ろに引っ掛けて、左手を相手の背中に添えて相手を抱えて体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手の背中を叩きつける。

ブリザード[編集]

概要[編集]

飯塚高史のオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の左肩の上に右腕を引っ掛けて、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回し、体を反り投げる際に両腕を相手の体から離さず、相手を叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。技の開発された時期はブリザードの方がかなり早いがブリザードには投げっ放し式が存在しなかったため、投げっ放し式の場合をエクスプロイダーと呼ぶ傾向があった。その後、飯塚が投げっ放し式を使用後はホールド式を使用しなくなったため、ホールド式は消滅状態になっているため、現在はブリザードをエクスプロイダーと同様の技に扱う場合もある。

派生技としてSHINOBIが向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の左肩の上に右腕を引っ掛けて、相手の喉を右手で鷲掴みにして体を反り投げる際に両腕を相手の体から離さず、相手を叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪うのをシノビ・スープレックスの名称で使用。

関連項目[編集]