2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

2009年のオールスターゲーム(2009ねんのオールスターゲーム)では、2009年7月24日及び7月25日に開催された、同年度の日本プロ野球オールスターゲームの詳細について述べる。

2009年のオールスター
Previous: 2008 Next: 2010

開催概要[編集]

前年に引き続き、マツダ冠スポンサーとなって行なわれる「マツダオールスターゲーム2009」として開催される。

2試合を通じての最優秀選手賞は前年の「マツダ・ビアンテ賞」から「マツダ・アクセラ賞」に変更、副賞として贈られる自動車も同社のアクセラに変更される。また最優秀選手以外の表彰選手は「優秀選手賞」から「ベストバッター賞」「ベストピッチャー賞」「ベストプレー賞」と部門別に選出されることになった。

世界金融危機の影響でオールスターゲームの見直しが検討され、この年限りでの廃止も取りざたされたが、2010年の開催については合意された。

試合日程[編集]

第1戦[編集]

7月24日 札幌ドーム

第2戦[編集]

7月25日 MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島

出場選手[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
監督 原辰徳 巨人 監督 渡辺久信 西武
コーチ 真弓明信 阪神 コーチ 大石大二郎 オリックス
落合博満 中日 梨田昌孝 日本ハム
先発投手 大竹寛 広島 2 先発投手 ダルビッシュ有 日本ハム 3
中継投手 山口鉄也 巨人 中継投手 攝津正 ソフトバンク
抑え投手 林昌勇 ヤクルト 抑え投手 武田久 日本ハム 4
投手 ゴンザレス 巨人 投手 岸孝之 西武
藤川球児 阪神 5 涌井秀章 西武 3
川井雄太 中日 金子千尋 オリックス
吉見一起 中日 2(1) シコースキー ロッテ
ルイス 広島 2(1) 田中将大 楽天 3
永川勝浩 広島 3 有銘兼久 楽天
由規 ヤクルト ファルケンボーグ ソフトバンク
館山昌平 ヤクルト 2 杉内俊哉 ソフトバンク 4
三浦大輔 横浜 4
捕手 石原慶幸 広島 2 捕手 里崎智也 ロッテ 4
阿部慎之助 巨人 6 高橋信二 日本ハム 3
相川亮二 ヤクルト 3 田上秀則 ソフトバンク
一塁手 栗原健太 広島 2 一塁手 小久保裕紀 ソフトバンク 12(2)
ブランコ 中日  
二塁手 東出輝裕 広島 3 二塁手 井口資仁 ロッテ 5
荒木雅博 中日 3
三塁手 小笠原道大 巨人 10 三塁手 中村剛也 西武 2
遊撃手 坂本勇人 巨人 2 遊撃手 川﨑宗則 ソフトバンク 6
中島裕之 西武 5
内野手 井端弘和 中日 6 内野手 金子誠 日本ハム 3
宮本慎也 ヤクルト 5
外野手 青木宣親 ヤクルト 5 外野手 稲葉篤紀 日本ハム 5
赤松真人 広島 大村直之 オリックス 5
内川聖一 横浜 2 草野大輔 楽天
金本知憲 阪神 11 サブロー ロッテ 2
ラミレス 巨人 5 長谷川勇也 ソフトバンク
糸井嘉男 日本ハム




DH 二岡智宏 日本ハム 6
松中信彦 ソフトバンク 10
太字はファン投票選抜選手、 ※印は選手間投票選抜、他は監督選抜。
数字は出場回数。カッコ内数字は上記回数中事故のため不出場の回数。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

セ10 - 8パ

セントラル 0 0 0 1 1 1 0 4 3 10
パシフィック 1 0 1 0 0 1 5 0 0 8

勝利投手三浦横浜)、敗戦投手武田久日本ハム

バッテリー
ゴンザレス巨人)、館山ヤクルト)、山口(巨人)、川井中日)、三浦(横浜)○ - 阿部巨人)、相川(ヤクルト)、石原広島
ダルビッシュ(日本ハム)、田中楽天)、西武)、ファルケンボーグソフトバンク)、有銘(楽天)、攝津(ソフトバンク)、武田久(日本ハム)● - 里崎ロッテ
本塁打
ラミレス(巨人)、青木(ヤクルト)
:なし
MVP
青木宣親(ヤクルト)
審判
(球)山路(塁)土山(一)、良川(二)、深谷(三)、(外)秋村(左)、嶋田(右)

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[遊]坂本勇人
2[中]青木宣親
3[三]小笠原道大
4[左]ラミレス
5[指]金本知憲
6[一]ブランコ
7[右]内川聖一
8[捕]阿部慎之助
9[二]荒木雅博
[投]ゴンザレス
パシフィック
打順守備選手
1[中]糸井嘉男
2[二]井口資仁
3[右]稲葉篤紀
4[三]中村剛也
5[一]小久保裕紀
6[遊]中島裕之
7[左]大村直之
8[捕]里崎智也
9[指]二岡智宏
[投]ダルビッシュ有


第2戦[編集]

パ7 - 4セ

パシフィック 0 1 0 1 1 2 0 0 2 7
セントラル 1 1 0 1 0 0 0 0 1 4

勝利投手杉内(ソフトバンク) 、敗戦投手吉見(中日)

バッテリー
大竹(広島)、ルイス(広島)、藤川阪神)、吉見(中日)●、林昌勇(ヤクルト)、永川(広島) - 石原(広島)、相川(ヤクルト)
涌井(西武)、杉内(ソフトバンク)○、金子オリックス)、シコースキー(ロッテ)- 田上(ソフトバンク)、里崎(ロッテ)
本塁打
宮本(ヤクルト)
松中(ソフトバンク)2、中村(西武)、サブロー(ロッテ)
MVP
松中信彦(ソフトバンク)
審判
(球)嶋田、(塁)秋村(一)、深谷(二)、良川(三)、(外)土山(左)、山路(右)

オーダー[編集]

パシフィック
打順守備選手
1[遊]川崎宗則
2[二]井口資仁
3[右]稲葉篤紀
4[指]松中信彦
5[三]中村剛也
6[一]高橋信二
7[中]長谷川勇也
8[左]サブロー
9[捕]田上秀則
[投]涌井秀章
セントラル
打順守備選手
1[遊]井端弘和
2[二]東出輝裕
3[中]青木宣親
4[指]ブランコ
5[左]金本知憲
6[一]栗原健太
7[三]宮本慎也
8[右]赤松真人
9[捕]石原慶幸
[投]大竹寛


マツダ・アクセラ賞(2試合を通じて最も印象的な活躍をした選手を表彰)
赤松真人(広島)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:7月24日
日本テレビ(NTV)≪制作協力:札幌テレビ(STV)≫
実況:平川健太郎(NTV)、解説山本浩二江川卓、リポーター:永井公彦(STV、パ・リーグサイド)、蛯原哲(NTV、セ・リーグサイド)
日本テレビ系列がオールスターゲームの中継を担当するのは2007年の第1戦(東京ドーム)以来2年ぶり。また、札幌テレビが中継に関与するのは、2001年の第3戦以来8年ぶり。なお、衛星放送はBSCSともなし。
当初はテレビ朝日ANN系列、北海道テレビ(HTB)制作協力)が中継を担当する予定だったが、世界水泳・ローマ2009放映の日程[1]と重複した関係で辞退した。
  • 第2戦:7月25日
TBSテレビ≪制作協力:中国放送(RCC)≫
実況:林正浩(TBS)、解説:衣笠祥雄、特別ゲスト:玉木宏[2]、リポーター:坂上俊次(RCC、セ・リーグサイド)、新タ悦男(TBS、パ・リーグサイド)、藤村伊勢(RCC、セ・リーグブルペン)、岡村仁美(TBS、パ・リーグブルペン))
TBS系列がオールスターゲームの中継を担当するのは2006年の第2戦(サンマリンスタジアム宮崎=MRT制作協力)から4年連続(2007年第2戦・フルキャストスタジアム宮城=TBC制作協力、2008年第2戦・横浜スタジアム=自社単独)。また、TBS・RCCが中継を担当するのは、1995年の第2戦以来14年ぶり。
地上波では生中継。また衛星ではTBSニュースバードを通して録画中継される。BS-TBSでの放映なし。
中継のタイトルコールは野沢雅子が担当。

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:7月24日
  • 第2戦:7月25日

脚注[編集]

  1. ^ この日はアーティスティックスイミングのデュエット・フリールーティン決勝の生中継が組まれていたため。なお、テレビ朝日系列は2001年大会からホスト・ブロードキャスティングを勤めている。
  2. ^ マツダイメージキャラクター。氏はマツダスタジアムでのCM収録も行った

関連項目[編集]

外部リンク[編集]