長谷川努

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はせがわ つとむ
長谷川 努
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1965-09-02) 1965年9月2日(53歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部英文学科
勤務局 中国放送(RCC)
部署 アナウンス部
職歴 アナウンス部(1989年-1990年代中頃)
報道制作局スポーツ部(1990年代中頃-2014年12月)
アナウンス部長(2015年1月-)
活動期間 1989年 -
ジャンル 情報番組など
公式サイト 長谷川 努│RCCアナウンサー│RCC中国放送
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

長谷川 努(はせがわ つとむ、1965年9月2日 - )は、中国放送(RCC)アナウンサー神奈川県横浜市出身。

人物[編集]

早稲田大学第一文学部英文学科卒業後、1989年中国放送へ入社(同期に横山雄二)。スポーツアナウンサーとしてプロ野球広島東洋カープ)やサッカーサンフレッチェ広島)、陸上競技などの実況中継、リポーターなどを担当。

広島東洋カープ・佐々岡真司ノーヒットノーラン(1999年5月8日、広島対中日)、読売ジャイアンツ清原和博の通算500号ホームラン達成(2005年4月29日、広島対巨人)、広島東洋カープ・鈴木誠也の史上10人目となる2試合連続サヨナラホームラン(2016年6月18日、広島対オリックス)を実況した(なお、2017年6月14日の広島対オリックス2回戦にて、鈴木誠也の2年連続サヨナラホームランを実況)。

1990年代中頃から同局のアナウンサーでは唯一報道制作局スポーツ部所属となっていたが、2015年1月にアナウンス部に復帰し、広報部に異動した寺内優の後任として部長職を務めている。

プロ野球・広島東洋カープ戦の実況アナウンサーを30年間務めてきたが、社内業務に専念するため、2018年5月30日の広島東洋カープ対埼玉西武ライオンズ2回戦(マツダスタジアム)のテレビ実況をもってスポーツ実況から引退した。引退するにあたり、「(広島の)胴上げ実況だけがないんです。それが心残りですね。」とコメントしている。[1]。ただし、ベンチリポートのみはその後も不定期に担当することがある。

大野豊からベンちゃんと呼ばれかわいがられている[2]

現在の担当番組[編集]

テレビ[編集]

  • NEWS6 スポーツ担当
  • JNNニュース報道特集Nスタ(日曜)ローカル枠 - スポーツ部在籍時はほとんど担当していなかったが、アナウンス部復帰後再度担当している。

ラジオ[編集]

過去の担当番組[編集]

  • ごじテレ。
  • 新春!カープ夢ゴルフ
  • Veryカープ!祝!カープ連覇V8(2017年9月18日深夜) MC
  • 侍プロ野球、他スポーツ中継
  • RCCカープナイター - 上述のように現在は実況は担当しておらず、系列局向けの裏送り中継を中心にベンチリポートを不定期に担当するのみである。
  • RCC緊急特別番組 大雨 広島で被害拡大(2018年7月7日) MC

主な実況[編集]

プロ野球[編集]

  • 2013年9月25日中日ドラゴンズ-広島東洋カープ22回戦(ナゴヤドーム・テレビ中継)
    • 試合終了で広島東洋カープが球団初のクライマックスシリーズ進出を決めた際、「重かったクライマックスシリーズへの扉が、今ようやく開きました!カープ球団にとって、そして、カープファンにとって悲願とも言えるクライマックスシリーズ進出が、この瞬間に決まりました!2013年9月25日、ナゴヤドーム、この日、広島カープの歴史が動いた日になりました!」と実況している。
      • この中継は、CBCテレビから映像の提供を受けて、現地ではなくRCCからオフチューブで実況したものだった(解説:高橋建、ベンチリポートなし)ため、深夜に放送されたクライマックスシリーズ進出特別番組にもRCCのスタジオから出演している。一方地元のCBCでは解説:森繁和牛島和彦、実況:伊藤敦基(CBC)、ベンチリポート:高田寛之(CBC・中日サイド)の陣容で放送された(副音声は『スタジアムサウンド』の名称で場内音声のみ放送)。

脚注[編集]

  1. ^ 【野球】カープ暗黒時代を知る名物アナが引退「胴上げ実況がないのが心残り」 デイリースポーツ 2018年6月1日
  2. ^ 2018年3月28日放送 RCCテレビ『開幕直前!生放送スペシャル Veryカープ!RCC』「ひな壇団」実況アナが語るカープ裏話

外部リンク[編集]