明治学園小学校・中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
明治学園小学校・中学校・高等学校
Meiji gakuen high school.JPG
過去の名称 私立明治専門学校附属小学校
私立明治尋常小学校
明治尋常小学校
明治学園
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人コングレガシオン・ド・ノートルダム
校訓 広く、深く、そして高く
設立年月日 1910年(明治43年)11月2日
創立記念日 11月2日
創立者 安川敬一郎
松本健次郎
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 40512E
所在地 804-8558
福岡県北九州市戸畑区仙水町5番1号
外部リンク 【小学校 公式サイト】
【中学・高等学校 公式サイト】
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

明治学園小学校・中学校・高等学校(めいじがくえんしょうがっこう・ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、福岡県北九州市戸畑区仙水町にあるカトリックキリスト教私立小学校中学校高等学校。中学校・高等学校においては男女併学を採用する完全中高一貫校[1][2]

概要[編集]

高校は設立から1990年代初頭まで女子校であった[3]ため、当時の中学校の男子生徒は、卒業時に外部高校を受験する必要があった。その後高校が1992年より男女共学となった[3]ことで、男子生徒も中学校から高校へと内部進学するようになった。現在では高校2・3年で文系・理系に分かれる際に完全な共学となるが、高校1年時で行われる修学旅行は男女別行程である[4]

通学範囲は北九州都市圏全域に及び、福岡市内などからの通学者もいる[5]。地元では明治(めいじ)の略称で呼ばれており、2010年度の実績において医学系学部合格者は3割を占めている[6](ただし文系コースも存在する)。

中学校へ入学する者の数は、併設の小学校から内部進学する者と、外部入学者とでほぼ半数ずつである。中高一貫教育を行っているが、福岡県に中高一貫校としての学則変更の届出を行っていなかったため、2006年に発覚した高等学校必履修科目未履修問題に際し、中学時に前倒しして履修させている高校の必修科目の一部について、履修の実態がないと認められた。

沿革[編集]

略歴[編集]

明治専門学校(現・九州工業大学)が、教職員の子弟のために1910年明治43年)に設立した附属小学校が、明治学園の始まりである[7]。学園敷地が九工大戸畑キャンパスと隣接しているのはその名残である。明専が官立移管された際に完全に独立し、以後は明専創立者の安川家が中心となって運営に当たった[8]。私学として、「祖国に奉仕する有能高潔な人材を育成する」ことを掲げ、少人数クラス制や自然観察、相撲、体操や研究発表など独自の教育活動を行っていたが、戦後に経営難に陥ったことで、学園はコングレガシオン・ド・ノートルダム修道会に移管され、以後カトリックの学校としての歩みを始めた[9]。戦後の学制改革の中で新制の中学校・高等学校も併設し、初等・中等教育一貫校として今日まで続いている。

年表[編集]

  • 1910年(明治43年) - 安川敬一郎松本健次郎によって「私立明治専門学校附属小学校」が設立される。
  • 1911年(明治44年) - 「私立明治尋常小学校」として、明治専門学校(以下・明専)から管理部門が独立。ただし経費については明専が受け持つ[7]
  • 1921年大正10年) - 明専の官立[10]移管に伴い、明専から分離独立する[7]。明専から敷地・公債等を分与され財団法人明治学園が小学校の運営にあたる。
  • 1942年昭和17年) - 国民学校令に基づき、「明治学園」と改称。尋常科を初等科に改称。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)
    • 明治学園初等科が改組され、「明治学園小学校」となる。
    • 明治学園高等科が改組され、「明治学園中学校」(新制中学校・男女別学)となり、小学校に併設される。
  • 1949年(昭和24年) - コングレガシオン・ド・ノートルダム修道会に経営が移管される。
  • 1950年(昭和25年) - 「明治学園高等学校」(新制高等学校・女子校)が開校。
  • 1951年(昭和26年) - 財団法人から学校法人明治学園に組織を変更。
  • 1992年平成4年) - 高等学校で男子生徒の受け入れを開始し、男女共学となる。
  • 2008年(平成20年) - 学校法人コングレガシオン・ド・ノートルダムによる経営となる。
  • 2010年(平成22年)‐創立100周年を迎えた。

制服[編集]

小学校

中学校

  • 男子 - 学生服
  • 女子 - 小学校のそれと同じ制式。コートと女子の靴下は中高同じものを使用する。女子は靴が指定されている。

高等学校

  • 男女共に紺色のブレザーに紺と深緑のタータンチェックのボトム(男子はズボン・女子はプリーツスカート)。

男子ネクタイは紺と緑の斜めストライプ(赤と紺のものもあるが式など公式の場では使えない) 女子のネクタイは蝶ネクタイであり、ブレザーには襟が無い。高等学校からの靴は男女ともに指定される。

学校行事[編集]

  • 運動会(4月)
  • フレッシュスクール(中1)(4月)
  • 聖母の集い(5月)
  • サマースクール(中2)(7月または8月)
  • 文化祭バザー(10月)
  • 待降節朝礼(11月)
  • クリスマスのつどい(講堂で行う、三年に一度はソレイユホール(旧・九州厚生年金会館)で行う)(12月)

通学手段など[編集]

出身著名人[編集]

周辺[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この他に男子部・女子部を設け、又は男女併学若しくは男女別クラスを採用する私立中高一貫校としては、かえつ有明中学校・高等学校國學院大學久我山中学校・高等学校自由学園中等科・高等科桐蔭学園中学校・高等学校桐光学園中学校・入学金高等学校南山中学校・高等学校帝塚山中学校・高等学校が挙げられる。
  2. ^ 入試概要-明治学園中学高等学校によれば中学校からの生徒募集のみ掲載されており、高等学校からの生徒募集については掲載されていない。
  3. ^ a b 明治学園の歴史
  4. ^ [明治学園修学旅行日程表【内部のみで一般非公開】]
  5. ^ [2008年度学校要覧,2009年度以降記述はなくなった]
  6. ^ 大学合格状況 平成22年度進学実績明治学園公式サイト
  7. ^ a b c 戸畑市『戸畑市史』、1939年
  8. ^ 北九州市史編さん委員会『北九州市史 近代・現代 ; 教育・文化』 第1編 教育、第5章 戦後の教育、第1節 戦後の教育改革、(2) 新教育の指針と民主化の推進、1986年
  9. ^ 北九州市史編さん委員会『北九州市史 近代・現代 ; 教育・文化』 第3編 宗教、第3章 キリスト教、第1節 日本カトリック教会の歩み、1986年
  10. ^ 官立は「国立」という意味。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]