松本健次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本健次郎

松本 健次郎(まつもと けんじろう、明治3年10月4日1870年10月28日) - 昭和38年(1963年10月17日)は、日本の実業家。旧自宅は旧松本家住宅(国の重要文化財)として保存されている。カトリック

経歴[編集]

安川財閥の創始者安川敬一郎の二男として、現在の福岡県福岡市中央区に生まれる。1887年(明治20年)、福岡県福岡中学を卒業。しかし、卒業試験中に急性脚気となり、進学を断念。同年上京、イーストレーキ国民英学会に通う。同期に小野塚喜平次がいる。1890年(明治23年)安川敬一郎の兄、松本潜(ひそむ)の子が亡くなったため、松本家に養子として入籍[1]

1891年(明治24年)渡米し、ペンシルベニア大学に留学。帰国後、父と「安川松本商店」を創設。その後父は炭鉱経営、健次郎はその販売と分担し親子二人三脚体制を築く。1896年(明治29年)門司に事務所を設置。

1907年(明治40年)技術者養成を目的とし、明治専門学校戸畑に設立。1908年(明治41年)父安川敬一郎・弟の安川清三郎と共に明治鉱業株式合資会社を設立。1909年(明治42年)4月明治専門学校開校。1910年(明治43年)父と共に「私立明治専門学校附属小学校(現:明治学園)」を創立、初代理事長に就任。1912年(明治45年)自宅兼迎賓館(旧松本家住宅)を建築。

その後1918年(大正7年)にかけ明治紡績、安川電機、九州製鋼(のち八幡製鐵所が買収)の設立に携わる。1918年(大正7年)黒崎窯業設立。また、帝国鋳物(日立金属の前身)、若松築港各社の社長も務めた。

昭和初期から活動の場を中央に移し、日本工業倶楽部理事、石炭統制会会長、日本経済連盟会会長などを歴任した。

また、1945年(昭和20年)10月5日~1946年(昭和21年)5月14日[2]の期間、貴族院勅選議員を務めた。同年公職追放となり[3]1951年(昭和26年)追放解除[4]1957年(昭和32年)に財界を引退。1963年(昭和38年)10月17日、93歳にて死去。

親族[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『門閥』、440-442頁。
  2. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。
  3. ^ 『朝日新聞』1946年10月4日一面
  4. ^ 『毎日新聞』1951年8月7日二面
  5. ^ 『門閥』、440-443頁。
  6. ^ 『豪閥』、246-247頁、249頁。
  7. ^ a b c d e 『門閥』、440-441頁、443頁。
  8. ^ 『門閥』、440-441頁、445頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]