暗殺 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
暗殺
監督 篠田正浩
脚本 山田信夫
原作 司馬遼太郎
『奇妙なり八郎』
製作 山内静夫
出演者 丹波哲郎
岩下志麻
木村功
音楽 武満徹
撮影 小杉正雄
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 日本の旗 1964年7月4日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

暗殺』(あんさつ)は、1964年7月4日公開の時代劇映画松竹作品、丹波哲郎主演、篠田正浩監督作品。上映時間104分。モノクロ。

概要[編集]

司馬遼太郎の小説『奇妙なり八郎』の映画化作品である。幕末の動乱時代を舞台に、苛烈な政治抗争の中に身を置き、後ろ盾となるも持たずの都で謀略の限りを尽くした風雲児・清河八郎の半生を扱っている。主演の丹波は、半ば自信家で次第に煽てられて、天下を取り清河幕府を開くとまで豪語、増長する清河を闊達に演じている。また木村功岩下志麻らが強烈な個性を発揮し、印象を残している。更に特別出演した佐田啓二が、こうした人間模様を冷徹に見つめる語り部的な存在で登場し、坂本龍馬役を重厚に演じている。監督の篠田は、この作品において、和製ヌーヴェルヴァーグを意識したといわれ、作品中幾度も自身が傾倒したオーソン・ウェルズ監督作『市民ケーン』の演出技法を模倣し、実験的な演出を歴史作品で実践した。

スタッフ[編集]

この映画での音楽は尺八プリペアド・ピアノの2楽器のみが用いられ、テープ変調処理の上でサウンドトラックとしてまとめられている。演奏は横山勝也(尺八)、一柳慧(プリペアド・ピアノ)。

キャスト[編集]