伊牟田尚平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊牟田 尚平(いむた しょうへい、天保3年5月25日1832年6月23日) - 慶応4年(1868年)2月)は、江戸時代末期(幕末)の薩摩の武士(陪臣)。通称は伊勢吉茂時。別名、永頼、相良武振。

生涯[編集]

天保3年(1832年)、薩摩藩喜入郷の領主・肝付氏の家臣の息子として生まれた。

万延元年(1860年)、脱藩して江戸に出る。清河八郎が結成した虎尾の会に名を連ねる(九州遊説に同行)。アメリカ公使館員のヘンリー・ヒュースケン暗殺など、各地で外国人を殺傷した。このため、薩摩藩の追捕を受けて捕らえられ、鬼界ヶ島に流罪に処された。

後に罪を許され、益満休之助と共に江戸市中で江戸城二の丸に放火するなどの破壊工作を行い、江戸幕府を挑発するのに一役買った。これは幕府が大政奉還したために武力討幕の理由がなくなったため、薩摩藩などが大義名分を求めて幕府を挑発し、挙兵させようとしたためである。そしてこれらの挑発に乗った幕府軍が薩摩藩邸を焼き討ちした。

その後上洛したが、部下の辻斬りなど様々な罪を着せられて、詰め腹を切らされる形で慶応4年(1868年)に切腹させられた。享年37。

生誕地である鹿児島市喜入に、「伊牟田尚平の誕生地記念碑」が、1923年(大正12年)に建てられた。