ユリゴコロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユリゴコロ
著者 沼田まほかる
発行日 2011年3月20日
発行元 双葉社
ジャンル ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 288
コード ISBN 978-4-575-23719-1
ISBN 978-4-575-51642-5文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ユリゴコロ』は、沼田まほかるのミステリ小説。2011年4月4日に双葉社から単行本が刊行された[1]。2014年1月9日には双葉文庫から文庫本が発売された[2]。2017年に映画化された。

概要[編集]

2011年の発売以降、販売部数累計25万部を超え、2012年には大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネート、「このミステリーがすごい!」国内部門第5位など数々の国内ミステリーランキングにランクインした。アメリカ中国韓国台湾でも翻訳出版された。

あらすじ[編集]

実家の父の書斎の押入れに、ひっそりと仕舞われていた4冊のノート『ユリゴコロ』。それは「私」が『ユリゴコロ』と呼ばれるものを探し求めて殺人を犯していくという生々しい内容だった。そのノートを読んだ亮介はその秘密に迫っていく。

登場人物[編集]

美紗子
4冊のノート『ユリゴコロ』を書いた人物。
亮介
婚約者の千絵が失踪し、父の末期がんが判明。母が不審な交通事故死を遂げた。ある日実家で、余命わずかの父の書斎の押入れに、ひっそりと仕舞われていた4冊のノート『ユリゴコロ』を見つける。その事がきっかけでその秘密に迫っていく。

漫画版[編集]

映画[編集]

ユリゴコロ
監督 熊澤尚人
脚本 熊澤尚人
原作 沼田まほかる『ユリゴコロ』
製作 石田雄治
製作総指揮 佐藤直樹
千葉善紀
柳迫成彦
大熊一成
出演者 吉高由里子
松坂桃李
松山ケンイチ
貴山侑哉
佐津川愛美
清野菜名
清原果耶
木村多江
音楽 安川午朗
主題歌 Rihwaミチシルベ
撮影 今村圭佑
編集 熊澤尚人
制作会社 ジャンゴフィルム
製作会社 「ユリゴコロ」製作委員会
配給 東映
日活
公開 日本の旗 2017年9月23日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2017年9月23日に吉高由里子主演で映画が公開。監督は熊澤尚人[5]PG12指定。興行収入は2億円台に留まった[6]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]