佐藤憲胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 憲胤(さとう のりかず、1977年9月13日 - )は、日本小説家福岡県福岡市に生まれる。福岡大学附属大濠高等学校卒業。

2004年、「サージウスの死神」が第47回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。2016年、犬胤 究(けんいん きわむ)の筆名で「QJKJQ」を第62回江戸川乱歩賞に投じ受賞、佐藤 究(さとう きわむ)と改名し刊行した。2018年、『Ank: a mirroring ape』で第20回大藪春彦賞及び第39回吉川英治文学新人賞受賞。

作品リスト[編集]

以下、佐藤究名義

  • QJKJQ(2016年8月、講談社)
  • Ank: a mirroring ape(2017年8月、講談社)

単行本未収録作品[編集]

  • ヒトラーの骨(『群像』2005年4月号)
  • プラスチックハンガー(『群像』2005年5月号)

以下、佐藤究名義

  • シヴィル・ライツ(『小説現代』2016年9月号)
    • アンソロジー『ベスト本格ミステリ2017』(講談社ノベルス)にも収録されている
  • エッセイ「 特別料理 menu119」(『小説すばる』2016年10月号)
    • 同エッセイは「勝負師のスパイス」のタイトルで 『ベストエッセイ2017』(光村図書出版)にも収録されている
  • 猿人マグラ(怪談専門誌『幽』vol.26 夢野久作特集号 2016年12月発行)
  • ペンキ塗りたて(『早稲田文学』vol.033 2017年2月発行)
  • ドグラ・マグラと人類の無意識について(『民ヲ親ニス』「夢野久作と杉山3代研究会」会報 第5号、2017年11月20日発行、ISBN 9784883451142
    • 2017年3月11日に筑紫野文化会館で開催された「夢野久作と杉山3代研究会」第5回研究大会の基調講演に加筆修正したもの
  • 爆発物処理班の遭遇したスピン(『小説現代』2018年2月号)
  • 【書評】零下四〇度の地で見出された〈時〉/『収容所のプルースト』ジョゼフ・チャプスキ著/岩津航訳/共和国刊(『文藝』2018年夏季号)