佐藤憲胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 憲胤(さとう のりかず、1977年9月13日 - )は、日本小説家

人物[編集]

福岡県福岡市に生まれる。福岡大学附属大濠高等学校卒業。

2004年、「サージウスの死神」が第47回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。その後2冊の単行本を刊行、執筆を続けるも「純文学の世界で十年以上を不良在庫として」[1]過ごす。

郵便局にアルバイトで勤務していた2015年、「誰に頼まれたわけでもないゾンビ小説を書いて、知己の編集者にその作品の話をしたところ」[1]江戸川乱歩賞への応募をすすめられる。

2016年、犬胤 究(けんいん きわむ)の筆名で「QJKJQ」を第62回江戸川乱歩賞に投じ受賞、佐藤 究(さとう きわむ)と改名し刊行した。[2]

2018年、『Ank: a mirroring ape』で第20回大藪春彦賞及び第39回吉川英治文学新人賞受賞。

作品リスト[編集]

以下、佐藤究名義

  • QJKJQ(2016年8月、講談社 / 2018年9月、講談社文庫
    • 第62回江戸川乱歩賞 受賞
  • Ank: a mirroring ape(2017年8月、講談社 / 2019年9月、講談社文庫
    • 第20回大藪春彦賞 受賞
    • 第39回吉川英治文学新人賞 受賞
  • ジェリーウォーカー(『NOVA』 2019年春号、河出文庫[3]
  • ツォンパントリ(『中国・SF・革命』2020年7月、河出書房新社)[4]
  • テスカトリポカ(2021年2月、株式会社KADOKAWA)[6]
    • 初出: 第一部(『カドブンノベル』 2020年12月号)[7]
    • 第一部十三章を発売日まで毎週特別公開(『カドブン』2020年11月26日〜2021年2月18日)[8]

単行本未収録作品[編集]

  • ヒトラーの骨(『群像』2005年4月号)
  • プラスチックハンガー(『群像』2005年5月号)

以下、佐藤究名義

  • シヴィル・ライツ(『小説現代』2016年9月号)
  • 猿人マグラ(怪談専門誌『幽』vol.26 夢野久作特集号 2016年12月発行)ISBN 9784041044919
  • ペンキ塗りたて(『早稲田文学 』vol.033 2017年2月発行)
  • 爆発物処理班の遭遇したスピン(『小説現代』2018年2月号)
  • くぎ(『読楽』2018年5月号)
    • 第72回日本推理作家協会賞〈短編部門〉候補
    • 『ザ・ベストミステリーズ2019』(講談社2019年6月)収録[10]
  • スマイルヘッズ(『小説現代』2018年9月号)
    • 『短編ベストコレクションー現代の小説2019』(徳間文庫2019年6月)収録[11]
  • ボイルド・オクトパス(文学ムック『たべるのがおそい』vol.6 2018年10月)ISBN 9784863853423
  • 九三式(『小説現代 特別編集 乱歩賞特集』2019年10月号)
  • 超新星爆発主義者(『小説宝石』 2020年10月号)

寄稿 [編集]

  • 「 特別料理 menu119」(『小説すばる』2016年10月号)
  • 「人はなぜ闘うのかを問い続ける、命の表現がここにある」特集「ありがとうプロレス」(ダ・ヴィンチ 2017年8月)[13]
  • 「武林隠者 名もなき拳法家」コラム oh! my IDOL(『小説すばる』2017年11月号)
  • ドグラ・マグラと人類の無意識について(『民ヲ親ニス』「夢野久作と杉山3代研究会」会報 第5号、2017年11月20日発行、ISBN 9784883451142
    • 2017年3月11日に筑紫野文化会館で開催された「夢野久作と杉山3代研究会」第5回研究大会の基調講演に加筆修正
  • 「エドガー・アラン・ポー『ポオ小説全集3』177年後のモルグ街へ」私の一冊(『ミステリーズ’86』2017年12月)
  • 「時空の裂け目から顔をのぞかせる昭和」未来に読み継ぎたい平成の3冊(サンデー毎日 2018年1.7-14新春合併号)
  • 【書評】「零下四〇度の地で見出された〈時〉」『収容所のプルースト』ジョゼフ・チャプスキ著 岩津航訳 共和国刊(『文藝』2018年夏季号)ISBN 978-4-907986-42-1
  • 「『読むこと』から免れると危ない」わが人生最高の10冊(『週刊現代』2018年6.30)[14]
  • 「佐藤究の《亀》」作家の字典(『小説BOC 10』2018年夏号)[15]
  • 「ニューヨークのボートの下」私のTRIP体験(『TRIPPER』2018年秋季号)[16]
  • 「黄金期のスイング・ジャズの音色のように」筒井康隆この一作『美藝公』(『文藝別冊 筒井康隆 総特集 日本文学の大スタア』KAWADE夢ムック 2018年10月)[18]
  • 江戸川乱歩と夢野久作ー葬儀映像と葬儀記念写真から(『民ヲ親ニス』「夢野久作と杉山3代研究会」会報 第6号、2019年4月30日発行、ISBN 9784883451203
    • 2018年3月17日に拓殖大学で開催された「夢野久作と杉山3代研究会」第6回研究大会に於いて、平井憲太郎(江戸川乱歩の孫)×杉山満丸(夢野久作の孫)×佐藤究、三名による鼎談レポート
  • 「死に向かってビルドアップされてゆく肉体」(『文藝別冊 三島由紀夫1970』KAWADE夢ムック 2020年3月)[19]
  • 最新翻訳小説地図70人アンケート -『Xと云う患者 龍之介幻想』デイヴィッド・ピース/訳:黒原敏行(『群像』2020年6月)[20]
  • 【舞台考察】「バレエ「M」、三島が残した<ムスビ> 」 東京バレエ団『M』/振付:モーリス・ベジャール(朝日新聞 2020年11月1日)[21]
  • 「見果てぬ夢-メキシコ」新春特別エッセイ特集(『小説宝石』2021年1・2合併号)[22]
  • 「暗黒の資本主義」コラム私の黒歴史(『野生時代』2021年3月号)[23]

対談、インタビュー[編集]

  • 「文学者の肖像」ロングインタビュー全4回/聞き手・構成:山内宏泰 撮影:伊澤絵里奈(cakes 2017年9月)[24]
  • 【対談】恩田陸《第26回受賞》× 佐藤究「第39回吉川英治文学新人賞受賞対談」(『小説現代』2018年5月号)[25]
  • 【対談】丸山ゴンザレス× 佐藤究(『世界の混沌を歩く ダークツーリスト』丸山ゴンザレス著 講談社文庫)[26]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本推理作家協会 公式サイト 会報2018年10月号
  2. ^ 週刊SPA! 12/4号カルチャー★フェス2018インタビュー、佐藤究ツイッター
  3. ^ [1] - 河出書房新社
  4. ^ [2] - 河出書房新社
  5. ^ [3] - 河出書房新社
  6. ^ [4] - 株式会社KADOKAWA
  7. ^ [5] - KADOKAWA文芸WEBマガジン
  8. ^ [6] - KADOKAWA文芸WEBマガジン
  9. ^ ベスト本格ミステリ2017 - 講談社BOOK倶楽部
  10. ^ [7] - 講談社BOOK倶楽部
  11. ^ [8] - 徳間文庫
  12. ^ ベストエッセイ2017 - 光村図書
  13. ^ 【ダ・ヴィンチ2017年11月号】今月のプラチナ本は 『Ank: a mirroring ape』 - ダ・ヴィンチニュース
  14. ^ 何故…ミステリー作家が問うた「人が人を殺す」という問題 佐藤究「人生最高の10冊」 - 講談社
  15. ^ 小説BOC 10 - 中央公論新社
  16. ^ TRIPPER - 朝日新聞出版
  17. ^ [9] - 光村図書
  18. ^ 文藝別冊 筒井康隆 総特集 日本文学の大スタア - 河出書房新社
  19. ^ [10] - 河出書房新社
  20. ^ [11]- 講談社
  21. ^ [12] - 朝日新聞デジタル
  22. ^ [13] - 光文社
  23. ^ [14] -KADOKAWA
  24. ^ ジェノサイド、虐殺器官に匹敵! 純文学、殺人ミステリーから、人類史を包括するエンタテインメントへ|文学者の肖像 - cakes(ケイクス)
  25. ^ ライバルはハリウッドじゃない、ピラミッドだ! - 講談社
  26. ^ [15] - 講談社文庫