楽園のカンヴァス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
楽園のカンヴァス
La toile du paradis
著者 原田マハ
発行日 単行本:2012年1月20日
文庫版:2015年5月1日
発行元 新潮社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 単行本:四六判上製本
文庫版:文庫判
ページ数 単行本:302
文庫版:440
公式サイト 単行本:楽園のカンヴァス 単行本 新潮社
文庫版:楽園のカンヴァス 文庫版 新潮社
コード 単行本:ISBN 978-4-10-331751-7
文庫版:ISBN 978-4-10-125961-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

楽園のカンヴァス』(らくえんのカンヴァス、: La toile du paradis)は、日本の小説家原田マハによる小説である。

概要[編集]

小説新潮』2010年9月号から2011年6月号までに「夢をみた J'ai rêvé」というタイトルで連載された[1]。単行本は、2012年1月20日に新潮社より刊行された[2]

単行本の装画には、アンリ・ルソーの『』(1910年)が採用されている[1]2012年、第25回山本周五郎賞を受賞する[3]。文庫版は、2015年5月1日に新潮文庫より刊行された[4]2018年、フランス語版 « La toile du paradis » がフィリップ・ピキエより刊行された[5]

あらすじ[編集]

ソルボンヌ大学院で博士号を26歳で取得している早川織絵は、国際美術史学会で注目を浴びている、アンリ・ルソー研究者である。ティム・W・ブラウンは、ニューヨーク近代美術館 (MoMA) のアシスタント・キュレーターである。コレクターのコンラート・バイラ―は、スイスバーゼルにある、自らが住む大邸宅に織絵とティムを招き、彼が所蔵する、ルソーが最晩年に描いた作品『夢』に酷似した作品『夢をみた』について、1週間以内に真作か贋作かを正しく判断した者に、その作品の取り扱い権利を譲ると宣言する。

主な登場人物[編集]

早川織絵
大原美術館の監視員。日本人女性。
ティム・W・ブラウン
ニューヨーク近代美術館 (MoMA) のキュレーター。

書評[編集]

小説家の逢坂剛は、「著者は、本来ミステリー作家ではないはずだが、本作品の構成はまさに手だれのそれであり、終始飽きさせることがない」[6]と評価している。書評家の大森望は、「ゲラで読んで仰天した。原田マハがこんな堂々たるエンターテインメントを書こうとは……」「本書の趣向は前代未聞。いやはや、こんな絵画ミステリーは初めてだ」[4]と評価している。KADOKAWAによるウェブサイト「ダ・ヴィンチニュース」には、「ミステリーとしての謎の設定や構成のすばらしさもさることながら、キャラクターの絵画に対する情熱の深さに圧倒された」[7]との書評が掲載されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『楽園のカンヴァス』 2012.
  2. ^ 楽園のカンヴァス 単行本”. 新潮社. 2012年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  3. ^ 山本周五郎賞 過去の受賞作品”. 新潮社. 2019年3月10日閲覧。
  4. ^ a b 楽園のカンヴァス 文庫版”. 新潮社. 2019年3月10日閲覧。
  5. ^ 大野ゆり子 (2018年7月6日). “原田マハ『楽園のカンヴァス』仏語版を称賛したフランス人の「心象風景」”. ハフポスト. https://www.huffingtonpost.jp/foresight/harada-maha-20180706_a_23474977/ 2019年3月10日閲覧。 
  6. ^ 逢坂剛 (2018年6月8日). “手だれの美術ミステリー”. 朝日新聞. https://book.asahi.com/article/11636958 2019年3月10日閲覧。 
  7. ^ 今月のプラチナ本 2012年5月号『楽園のカンヴァス』 原田マハ”. KADOKAWA (2012年4月6日). 2019年3月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 原田マハ『楽園のカンヴァス』新潮社、2012年1月。ISBN 978-4-10-331751-7