夢 (アンリ・ルソーの絵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『夢』
フランス語: Le Rêve
Henri Rousseau - Il sogno.jpg
作者アンリ・ルソー
製作年1910年
種類油彩、キャンパス
寸法204,5 cm × 298,5 cm (805 in × 1,175 in)
所蔵ニューヨーク近代美術館ニューヨーク

』(ゆめ、フランス語:La Rêve)は、アンリ・ルソー1910年の大きな油彩画である。ジャングルをテーマとするルソーの25を超える絵の1つである。

彼の最後の完成した作品であり、彼が1910年9月2日に死去する数か月前の、1910年3月18日から5月1日まで、開かれたアンデパンダン展で展示された。

ルソーの初期の諸作品は否定的な評価を受けていたが、この作品は詩人で批評家のギヨーム・アポリネールは、つぎのように述べた:「この絵は美を放射しているし、それは議論の余地は無い。わたしは、今年はだれも笑わないであろうと信じる。」

『夢』は、ジャングルの絵のうち最大の作品で、6フィート8インチ×9フィート9インチ(204.5センチメートル×298.5センチメートル)の大きさである。

ルソーの若いころのポーランド人の恋人ヤドヴィガ(Yadwigha)がモデルとされる裸婦が絵の左側に横たわり、ハスの花やジャングルの青々と生い茂った葉叢(はむら)や、鳥、サル、ゾウ、雌雄のライオン、ヘビなどの動物たちをじっと見つめている[1]

様式化された形のジャングルの植物は、ルソーがパリ自然誌博物館(Paris Museum of Natural History)のパリ植物園(Jardin des Plantes)での観察にもとづいている。裸婦の左腕は、ライオンたちと、満月の薄明かりの下、ジャングルの暗がりの中でかろうじて見える、画面の中央で正面を向き縦笛を吹く、黒人のヘビ使いのほうに伸びている。下生えのあいだを滑るように進むピンク色のヘビも描かれている。

ルソーは、鑑賞者が絵の意味を理解しないものもいるかもしれないとして、「夢のための銘刻(Inscription pour La Rêve)」と題した詩を書いて絵に添えた:

美術批評家アンドレ・デュポン(André Dupont)あてのルソーの手紙で、ルソーは、ジャングルでフルート奏者に耳をかたむけている夢を見ている、パリの横たわる女性を描いたと書いている。

横たわる裸婦という題材は、ティツィアーノの1538年の絵『ウルビーノのヴィーナス』から、マネの1863年の絵『オリンピア』に至る、古典的な伝統的な題材である。ルソーは、ゾラの画家と針子の女性とのあいだの愛を題材にした小説『夢想』(Le Rêve)から霊感を得たのかもしれない。

『夢』を描いているあいだ、ルソーは店員レオニー(Leonie)とロマンチックな関わり合いをもっていた。

1910年2月にフランスの画商アンブロワーズ・ヴォラールがルソーからこの絵を買い取った。1934年1月にニューヨークノードラー・ギャラリーズ (Knoedler Galleries) を介して、被服製造業者シドニー・ジャニス (Sidney Janis) に販売された。1954年にジャニスはこの絵をネルソン・A・ロックフェラー (Nelson A. Rockefeller) に売り、ロックフェラーはそれを創立25周年となった近代美術館(Museum of Modern Art, MoMA)に寄贈し、現在も MoMA に収蔵されている。

関連する作品[編集]

読書案内[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 光嶋裕介 『建築という対話 僕はこうして家をつくる』筑摩書房、2017年、223頁。ISBN 978-4-480-68980-1 
  2. ^ 大野ゆり子 (2018年7月6日). “原田マハ『楽園のカンヴァス』仏語版を称賛したフランス人の「心象風景」”. ハフポスト. https://www.huffingtonpost.jp/foresight/harada-maha-20180706_a_23474977/ 2019年3月10日閲覧。 

参考文献[編集]