柚木麻子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柚木 麻子
(ゆずき あさこ)
ペンネーム 柚木 麻子
(ゆずき あさこ)
誕生 (1981-08-02) 1981年8月2日(35歳)
日本の旗 日本東京都世田谷区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 立教大学文学部フランス文学科
活動期間 2008年 -
主な受賞歴 オール讀物新人賞(2008年)
山本周五郎賞(2015年)
デビュー作 『終点のあの子』(2010年)
配偶者
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

柚木 麻子(ゆずき あさこ、本名は非公開、1981年8月2日 - )は、日本の小説家

プロフィール[編集]

東京都世田谷区に生まれる。恵泉女学園中学・高等学校[1]立教大学文学部フランス文学科卒業。既婚[2]

大学時代より脚本家を目指してシナリオセンターに通い、ドラマのプロットライターを務めた。卒業後、製菓メーカーへの就職を経て塾講師や契約社員などの職のかたわら小説の賞に応募し、2008年に第88回オール讀物新人賞を受賞した[3]。受賞作「フォーゲットミー、ノットブルー」を含む初の単行本『終点のあの子』が2010年に刊行された。同作は『本の雑誌』上半期エンターテインメントランキングで3位となるなど高評価を得た[2][3]

2013年には『嘆きの美女』が、2015年には『ランチのアッコちゃん』がNHK BSプレミアムテレビドラマ化された[4][5]

文学賞受賞・候補歴[編集]

  • 2008年 - 「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞受賞。
  • 2013年 - 「伊藤くん A to E」で第150回直木三十五賞候補。
  • 2014年 - 『本屋さんのダイアナ』で第151回直木三十五賞候補。
  • 2015年 - 『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞、第153回直木三十五賞候補[6]
  • 2016年 - 『ナイルパーチの女子会』で第3回高校生直木賞受賞[7]

小説[編集]

単著[編集]

共著[編集]

単行本未収録[編集]

映像化作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 恵泉女学園大学図書館報 アレキサンドレイア No.41 (PDF)”. 恵泉女学園大学. p. 1 (2012年4月). 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 「本の話」編集部 (20141-11-09). “はじめて書いた小説は、親友へのクリスマス・プレゼントでした。” (日本語). 「本の話」WEB. 文藝春秋. pp. 1-3. 2011年12月26日閲覧。
  3. ^ a b 「フォーゲットミー、ノットブルー」で第八十八回オール讀物新人賞を受賞 作家「柚木麻子」さんインタビュー!” (日本語). ART FOR YOU. 2011年12月26日閲覧。
  4. ^ ドラマ『嘆きの美女』 制作開始のお知らせ”. ドラマトピックスブログ. 日本放送協会 (2012年9月19日). 2012年12月25日閲覧。
  5. ^ 蓮佛美沙子さん・戸田菜穂さん初共演!「ランチのアッコちゃん」”. プレミアムよるドラマ. ドラマトピックスブログ: NHKブログ (2015年3月9日). 2015年4月29日閲覧。
  6. ^ 直木賞候補には映画監督の西川美和氏ら 馳氏は6回目ノミネート”. Sponichi Annex (2015年6月19日). 2015年6月19日閲覧。
  7. ^ 高津祐典、高校生直木賞に「ナイルパーチの女子会」(2016年5月4日)、朝日新聞、2016年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]