蛭田亜紗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蛭田 亜紗子(ひるた あさこ、1979年11月28日[1] - )は、日本小説家

来歴[編集]

北海道出身、在住。北海道札幌東高等学校大妻女子大学文学部日本文学科卒業[2]。大学卒業後、札幌市内の広告代理店に勤務。会社勤めを辞めた2007年に小説を執筆し[2]2008年、『自縄自縛の二乗』で新潮社第7回R-18文学賞大賞を受賞[3]2010年『自縄自縛の私』を刊行しデビュー。同作は2013年竹中直人監督で映画化。2017年6月よりNHK北海道地方放送番組審議会委員[4]

作品リスト[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が蛭田亜紗子の作品

  • 眠らないため息(2011年12月 幻冬舎文庫)「掃除機ラヴ」ISBN 9784344417731
  • 文芸あねもね(2012年3月 新潮文庫)「川田伸子の少し特異なやりくち」ISBN 9784101360621
  • 10分間の官能小説集2(2013年5月 講談社文庫)「さなぎのなかみ」ISBN 9784062775069
  • ニャンニャンにゃんそろじー(2017年4月 講談社)「ファントム・ペインのしっぽ」ISBN 9784062205177

雑誌[編集]

  • 新潮45 2016年9月号(2016年9月 新潮社)「私の猫もかぶりつき 猫が視る『ネコ番組』」

脚注[編集]

  1. ^ 蛭田 亜紗子 女による女のためのR-18文学賞
  2. ^ a b 北海道新聞 2010年10月15日 夕刊
  3. ^ 生きづらい女性たちの生と性 リアルに 「愛を振り込む」作家 蛭田亜紗子さん (3/3ページ) - SankeiBiz
  4. ^ 平成29年6月NHK北海道地方放送番組審議会 議事録”. NHK札幌放送局番組審議会事務局. 2018年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]