織守きょうや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
織守きょうや
誕生 (1980-10-07) 1980年10月7日(40歳)
イギリスの旗 イギリスロンドン
職業 小説家
弁護士
言語 日本語
最終学歴 早稲田大学大学院修了
ジャンル 推理小説
ホラー小説
代表作 『霊感検定』
『記憶屋』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

織守 きょうや(おりがみ きょうや、1980年10月7日[1][2] -)は、日本小説家弁護士ロンドン生まれ[1]兵庫県神戸市在住[1]早稲田大学大学院修了。他に京谷(きょうや)の名義がある[2]

2012年8月、『霊感検定』で第14回講談社BOX新人賞Powersを受賞。2013年1月、講談社BOXから同作が刊行され小説家デビューする。現役弁護士として働くかたわら小説を執筆している兼業作家[1]

2015年、『記憶屋』で第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞(京谷名義)[3]。同作を第1作とする〈記憶屋〉シリーズは、50万部を突破している[4]

作品リスト[編集]

単著[編集]

霊感検定[編集]

  • 霊感検定(2013年1月 講談社BOX / 2016年8月 講談社文庫
  • 霊感検定2(2013年8月 講談社BOX)
    • 【改題】霊感検定 心霊アイドルの憂鬱(2016年12月 講談社文庫)
  • 霊感検定 春にして君を離れ(2017年4月 講談社文庫)

記憶屋[編集]

  • 記憶屋(2015年10月24日 角川ホラー文庫
  • 記憶屋II(2016年5月 角川ホラー文庫)
  • 記憶屋III(2016年6月 角川ホラー文庫)
  • 記憶屋0(2019年11月 角川ホラー文庫)

木村・高塚弁護士[編集]

  • 黒野葉月は鳥籠で眠らない(2015年3月 講談社
    • 【改題】少女は鳥籠で眠らない(2019年7月 講談社文庫)
      • 収録作品:黒野葉月は鳥籠で眠らない / 石田克志は暁に怯えない / 三橋春人は花束を捨てない / 小田切惣太は永遠を誓わない
  • 301号室の聖者(2016年3月 講談社)

恋する吸血種シリーズ[編集]

  • 世界の終わりと始まりの不完全な処遇(2018年6月 幻冬舎
  • 辻宮朔の心裏と真理(2020年10月 幻冬舎文庫)

その他[編集]

  • SHELTER/CAGE(2014年7月 講談社BOX)
  • ただし、無音に限り(2018年8月 東京創元社
  • 響野怪談(2019年2月 角川ホラー文庫)
  • 朝焼けにファンファーレ(2020年11月 新潮社

アンソロジー[編集]

「」内が織守きょうやの作品

  • ベスト本格ミステリ2015(2015年6月 講談社ノベルス)「三橋春人は花束を捨てない」
    • 【再編集・改題】ベスト本格ミステリ TOP5 短編傑作選001(2018年12月 講談社文庫)
  • だから見るなといったのに 九つの奇妙な物語(2018年8月 新潮文庫nex)「とわの家の女」
  • 1968 三億円事件(2018年12月 幻冬舎文庫)「初恋は実らない」
  • 5分後に起こる恐怖 世にも奇妙なストーリー 呪いの螺旋(2019年7月 西東社)「廃墟の落書き」「無人の学校」「ころしてくれませんか」「地下室」「連れていく」
  • 沈黙の狂詩曲 最新ベスト・ミステリー(2019年11月 光文社)「上代礼司は鈴の音を胸に抱く」
  • FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01(2020年2月 星海社FICTIONS)「少女は籠のなか」
  • ステイホームの密室殺人 1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー(2020年8月 星海社FICTIONS)「夜明けが遠すぎる」

単行本未収録作品[編集]

  • 「とわの家の女」: 『小説新潮』2016年8月号 寄稿
  • 「上代礼司は鈴の音を胸に抱く」: 『小説現代』2016年11月号 寄稿
  • 「幽霊刑」: 『小説宝石』2017年6月号 寄稿
  • 「ショコラと秘密は彼女に香る」 : 『小説推理』2021年6月号 寄稿

エッセイ[編集]

朗読劇[編集]

  • 朗読館「池袋ナイトアウルテールズ」(2020年9月5日 - 6日) - 脚本[5]

メディア・ミックス[編集]

漫画[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]