吉川トリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉川トリコ
誕生 (1977-10-19) 1977年10月19日(43歳)
日本の旗 日本静岡県浜松市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2004年 -
ジャンル 小説
代表作グッモーエビアン!
主な受賞歴 2004年:第3回女による女のためのR-18文学賞大賞・読者賞。(『ねむりひめ』)
デビュー作 『しゃぼん』
公式サイト あっけなくすぎる毎日のblog
テンプレートを表示

吉川 トリコ(よしかわ トリコ、1977年10月19日 - )は、日本の小説家静岡県浜松市出身。愛知県名古屋市在住。

来歴[編集]

愛知淑徳短期大学文芸創作学科卒業[1][2]。在学中は清水良典に学んだ。2004年平成16年)、『ねむりひめ』で新潮社女による女のためのR-18文学賞」の第3回大賞と読者賞を受賞。同年、短編集『しゃぼん』にて同社からデビュー。

2007年(平成19年)には、『グッモーエビアン!』を原作とした東海テレビの単発ドラマ『なごや寿ロックンロール〜「グッモーエビアン!」より〜』が放送されたほか、『戦場のガールズライフ』がドラマ化されBSフジで全20話放送されている。

また、2012年(平成24年)12月15日には『グッモーエビアン!』の映画化作品が全国にて公開された。

2013年(平成25年)3月26日[3]より中日新聞ウェブサイト「中日新聞ほっとWeb」で名古屋を舞台とした短編小説「東海百景 吉川トリコの名古屋16話」を連載していた[4]

著書[編集]

寄稿アンソロジー[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 文芸あねもねトークショーin名古屋レポ
  2. ^ 作家の読書道 第209回:吉川トリコさん|好書好日” (日本語). 好書好日. 2020年10月28日閲覧。
  3. ^ 中日新聞ほっとWebオフィシャルfacebook3月26日分を参照
  4. ^ 毎月第4水曜日に更新
[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]