新庄耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新庄 耕
ペンネーム 新庄 耕
誕生 (1983-09-25) 1983年9月25日(38歳)
日本の旗 日本 京都府京都市
職業 小説家
最終学歴 慶應義塾大学環境情報学部卒業
主な受賞歴 第36回すばる文学賞(2012年)
デビュー作 『狭小邸宅』
公式サイト https://shinjo-kou.com
テンプレートを表示

新庄 耕(しんじょう こう、1983年9月25日[2] - )は、日本の小説家である。

来歴[編集]

京都府京都市出身、2年間の浪人生活を経て慶應義塾大学環境情報学部卒業。神奈川県川崎市在住[2]

リクルートに入社するも1年で退職し、ベンチャービジネスや肉体労働などの仕事を経験した後[1]、2012年、「狭小邸宅」で第36回すばる文学賞を受賞しデビュー。

著作[編集]

  • 『狭小邸宅』(集英社、2013年2月)(集英社文庫、2015年2月)(台湾版『狭小宅邸』/天培社、2017年10月) 
    • 初出:『すばる』2012年12月号
    • 第36回すばる文学賞受賞。
  • 『ニューカルマ』(集英社、2016年1月)(集英社文庫、2019年1月)
  • 『カトク 過重労働撲滅特別対策班』(文春文庫、2018年7月)文庫書き下ろし
  • 『サーラレーオ』(講談社、2018年8月)
    • 初出:『群像』2018年5月号
  • 『地面師たち』(集英社、2019年12月)(集英社文庫、2022年1月)
    • 初出:『小説すばる』2019年1月号〜10月号(連載)
    • 第23回大藪春彦賞候補

単行本未収録作品[編集]

  • オッケ・グッショブ(『すばる』2013年9月号)
  • おおすみ(『すばる』2020年1月号)
  • 終電過ぎのシンデレラ(『小説トリッパー』2020年夏号)
  • 新郷地(連載『小説トリッパー』2021年春号〜)
  • 破夏(連載『WEBきらら』2021年4月号〜)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『すばる』2012年11月号受賞者インタビューより
  2. ^ a b 第36回すばる文学賞・受賞者インタビュー

外部リンク[編集]