バニー・レークは行方不明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バニー・レークは行方不明
Bunny Lake Is Missing
監督 オットー・プレミンジャー
脚本 ジョン・モーティマー
ペネロープ・モーティマー
原作 イヴリン・パイパー
『バニーレークは行方不明』
製作 オットー・プレミンジャー
出演者 ローレンス・オリヴィエ
キャロル・リンレー
ケア・デュリア
音楽 ポール・グラス
撮影 デニス・クープ
編集 ピーター・ソーントン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年10月3日
日本の旗 1966年7月9日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

バニー・レークは行方不明』(原題:Bunny Lake Is Missing)は、オットー・プレミンジャー監督、キャロル・リンレー主演による1965年イギリスサスペンス映画。イヴリン・パイパー原作の同名小説の映画化。タイトルをソウル・バスが担当。

類似の映画に『バルカン超特急』、『フライトプラン』、『チェンジリング (2008年の映画)』などがある。パイパーの原作には1889年に発生したとされる「パリ万博事件」(証拠が残っていないため都市伝説と言われている)が紹介されている[1]。イギリス人の母娘がパリのホテルに宿泊したが、母親が姿を消し、娘が必死に探すが、「始めから母親はいなかった」と言われるという事件である。

特徴[編集]

映画評論家町山智浩は、本作が『バルカン超特急』や『フライトプラン』などの類似の映画と異なる点として、行方不明になるバニー・レークを最初に見せないことを挙げている。類似の映画では、行方不明になる人物が最初に画面に登場しているため、観客は主人公を応援できる。それに対し、本作ではバニーが画面に登場しないまま話が進行する。このことが、バニーの母・アンを演じるキャロル・リンレーの情緒不安定な演技や、唯一アンを信じる兄のスティーブンまでもが「バニーとはアンの空想上の友達の名前だ」と語ることなどと相まって、観客もバニーの実在を信じられなくなる、というものである[2]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アン・レイク キャロル・リンレー 鈴木弘子
スティーブン・レイク キア・デュリア 市川治
エルヴァイラ アンナ・マッシー 公卿敬子
ドロシー エイドリアン・コリ
エイダ・フォード マーティタ・ハント 河村久子
コック ルチー・マンハイム
看護婦 キカ・マーカム
保育士 ジル・メルフォード 
アンドリュース捜査官 クライブ・レヴィル
ウィルソン ノエル・カワード 真木恭介
ニューハウス警部 ローレンス・オリヴィエ 原保美
ザ・ゾンビーズ ザ・ゾンビーズ

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 町山智浩『トラウマ映画館』(2013年、集英社文庫)P14
  2. ^ 町山智浩『トラウマ映画館』(2013年、集英社文庫)P16 - 19

外部リンク[編集]