イナゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イナゴ科
Oxya yezoensis November 2007 WUXGA.jpg
コバネイナゴ Oxya yezoensis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: バッタ目(直翅目) Orthoptera
亜目 : バッタ亜目 Caelifera
: イナゴ科 Catantopidae
亜科
イナゴの交尾

イナゴ(蝗、稲子、螽)は、直翅目バッタ亜目イナゴ科Catantopidae)に属するバッタ類の総称(イナゴ科をバッタ科と分けない場合もある)。日本ではを食べる害虫とされると同時に水田から得られる重要なタンパク源として扱われ、多くの地域で食用とされた。 なお、バッタ科でもナキイナゴアメリカイナゴのように「いなご」と呼ばれるものがあるが、これらは本項にいうイナゴではない。

分類[編集]

  • イナゴ亜科 Oxyinae
    • コイナゴ Oxya hyla intricata
    • ニンポーイナゴ O. ninpoensis
    • ハネナガイナゴ O. japonica
    • チョウセンイナゴ O. manzhurica または O. sinuosa
    • タイワンハネナガイナゴ O. chinensis または O. formosana
    • タイワンコバネイナゴ O. podisma
    • オガサワライナゴ O. ogasawarensis
    • コバネイナゴ(エゾイナゴ) O. yezoensis
  • ツチイナゴ亜科 Cyrtacanthacridinae
  • セグロイナゴ亜科 Shirakiacrinae(?)
  • フキバッタ亜科 Melanoplinae

利用[編集]

日本では昆虫食は信州(長野県)など一部地域を除き一般的ではないが、イナゴに限ってはイネの成育中または稲刈り後の田んぼで、害虫駆除を兼ねて大量に捕獲できたことから、全国的に食用に供する風習があった。調理法としては、串刺しにして炭火で焼く、鍋で炒る、醤油砂糖を加えて甘辛く煮付けるイナゴの佃煮とするなど、さまざまなものがある。イナゴは、昔から内陸部の稲作民族に不足がちになるタンパク質カルシウムの補給源として利用された。太平洋戦争中や終戦直後の食糧難の時代を生きた世代には、イナゴを食べて飢えをしのいだ体験を持つ者も多い。最近では、東京都内のレストランのメニューにも採用された例がある[要出典]

長野県阿智や喬木村などでは、イナゴを黒焼にして食用油と練り湿疹治療薬とする伝統がある。また、同地区には黒焼粉を喉に吹きつけ、扁桃腺を治すという伝統的民間療法がある[1]

昆虫食の1つとしてイナゴを食べる民族は多い。画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは、La Cuisine de Monsieur Momo(モモ氏の食卓)[2]の中でイナゴの網焼きを「洗礼者ヨハネ風」[3]と命名し、茶色でも黄色でもなく、ピンク色のイナゴがよいとしている。

2014年には、和歌山県で大豆の代わりにイナゴを使った醤油風調味料が開発された[4]

訳語としての「いなご」[編集]

バッタ科の昆虫の中には、トノサマバッタサバクトビバッタのように、大量発生などにより相変異を起こして群生相となることがあるものがある。これを「ワタリバッタ」ないし「トビバッタ」(英語では「locust」)というが、以下に見るようにこれが「いなご」と呼ばれることがある。

漢籍における「蝗」[編集]

漢語の「蝗」(こう)は、日本で呼ばれるイナゴを指すのではなく、ワタリバッタが相変異を起こして群生相となったものを指し[5]、これが大群をなして集団移動する現象を飛蝗、これによる害を蝗害と呼ぶ。日本ではトノサマバッタが「蝗」、すなわち群生相となる能力を持つが、日本列島の地理的条件や自然環境ではほとんどこの現象を見ることはない。わずかに明治時代、北海道で発生したもの、1986年鹿児島県馬毛島で起きたものなどが知られるくらいである。

日本人にとってほとんど実体験のない「蝗」が漢籍により日本に紹介されたときに、誤解により「いなご」の和訓が与えられ、またウンカいもち病による稲の大害に対して「蝗害」の語が当てられた。

蝗害は文学や映画で取り上げられている(蝗害を扱った作品参照)。

聖書[編集]

旧約聖書では、昆虫は食べてはいけないが、「アルベ、サールアーム、ハルゴール、ハーガーブ」の4種類は食べてよいとしている(レビ記 11:20–22)。「アルベ、サールアーム、ハルゴール、ハーガーブ」は、日本語では、「いなごの類、羽ながいなごの類、大いなごの類、小いなごの類」(新共同訳)、「いなごの類、毛のないいなごの類、こおろぎの類、ばったの類」(新改訳)などと訳されており、イナゴ科を含むバッタ目全体を指すと考えられている[6]レビ記の4種類の昆虫参照)。

また、聖書にはしばしば蝗害が描かれており、これを引き起こすワタリバッタが日本語では「いなご」「蝗(いなご)」と訳されることがある。

日本文学におけるイナゴ[編集]

  • 夏目漱石坊っちゃん』で、教師坊っちゃんは宿直の時、中学生に蚊帳のなかへイナゴを入れられて閉口した。ここでは、イナゴを「バッタ」と呼ぶ東京出身の主人公に対して、イナゴは「バッタ」ではないとする松山の学生が描かれている。
  • まど・みちおによる詩『イナゴ』は、現在も小学校の教科書教材として採用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『信州の民間薬』全212頁中79頁医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集
  2. ^ 『美食三昧―ロートレックの料理書』(座右宝刊行会)『ロートレックの料理法』(美術公論社)として翻訳されている。
  3. ^ ヨハネが活動を開始した時、荒野でイナゴと野蜜を食べていたことから。
  4. ^ 時事ドットコム:イナゴ調味料いかが?=しょうゆ風、評判上々-和歌山のNPO代表開発
  5. ^ H.E.エヴァンズ,日高敏隆訳,虫の惑星,1968,早川書房
  6. ^ LOCUST”. International Standard Bible Encyclopedia. bible-history.com - ISBE (1915年). 2007年7月13日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 宮武頼夫・加納康嗣編著 『検索入門 セミ・バッタ』 保育社、1992年、ISBN 4-586-31038-3
  • 市川顕彦 「イナゴの話」『NUE』10号、環境科学株式会社、2001年。

外部リンク[編集]