アベユーイチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アベユーイチ
本名 阿部雄一
別名義 阿部雄一
アベユウイチ
生年月日 (1964-02-06) 1964年2月6日(53歳)
出生地 山形県酒田市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 A型
職業 映画監督演出家脚本家
ジャンル 映画テレビドラマアニメ
公式サイト アベユーイチ(映画監督)オフィシャルブログ

アベユーイチ1964年2月6日[1] - )は日本映画監督山形県酒田市出身[1]

経歴・人物[編集]

山形県立酒田東高等学校映画研究部に所属し、アマチュア映画を製作。1986年静岡大学理学部物理学科卒業。1989年、日本映画学校(現:日本映画大学)演出科を第一期にて卒業。

1993年に助監督として『お引越し』に参加[2]。1997年にVFXコーディネーターとして『ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影』より特撮作品に参加する[2]

ウルトラマンネクサス』までは阿部雄一名義で活動していたが、5年D組に『プラチナエイジ』などを担当した同姓同名の演出家が存在するため、アベユーイチに改名した(『SDガンダムフォース』の脚本ではアベユウイチ名義)。

映画監督や演出以外にも、CG富士急ハイランド「ガンダム・ザ・ライド」プレショーなど、多彩な活動をしている(これがきっかけとなって『SDガンダムフォース』の監督も務めた)。

2015年頃からスタントチームアルファスタント代表の小池達朗と親交を持ち、同チームのジムに通い演出でのアクション面の強化を行っている[3]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

助監督[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b profile|アベユーイチ|あべゆーいち(映画監督)official ブログ by ダイヤモンドブログ”. 2014年12月8日閲覧。
  2. ^ a b 「ウルトラマンメビウス白書 アベユーイチ」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、77頁。ISBN 978-4-257-03745-3
  3. ^ 「ウルトラマンオーブ監督インタビュー アベユーイチ」『ウルトラマンオーブ完全超全集』 構成・間宮尚彦 執筆・大石真司、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2017年6月6日、99頁。ISBN 978-4-09-105158-5
  4. ^ a b c d e f g 阿部雄一名義。
  5. ^ 第20話のみ阿部雄一名義。
  6. ^ 松田圭太との連名。
  7. ^ Nikkos Bifaro Vincanzとの共作。

外部リンク[編集]