甲冑魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甲冑魚(かっちゅうぎょ)とは、一種の原始的な魚類群の総称である。

概要[編集]

原始的な特徴をもつ化石動物の一群で、絶滅した無顎類[注釈 1]などが含まれる。現生の魚類と比較すると体表がやや骨格化(あるいは無脊椎動物外骨格の残滓)しており、特に頭部は堅い骨質板でおおわれており、甲冑魚と呼ばれる所以にもなっている。

古生代オルドビス紀に現れ、シルル紀(ゴトランド紀とも)〜デボン紀に繁栄した。デボン紀後期の大絶滅によりほとんどが絶滅し、ミシシッピ紀(石炭紀前期)に完全に途絶えた。体長はおよそ15~30cmのものが多かったようである。

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在では円口類だけが生き残っているが、これらは甲冑魚に含まれない

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]