川上英幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川上 英幸(かわかみ ひでゆき、1967年12月16日[1] ‐)は、日本脚本家東京都出身[1]

経歴[編集]

1991年にテレビドラマ『ルージュの伝言』で脚本家としてデビュー[1]

ウルトラマンネクサス』などを除いた平成ウルトラマンシリーズの多くで脚本家として活躍。時代物を好み、近年はNHK時代劇への参加も多く、時代小説も手がけている。

主な脚本作品[編集]

主な小説[編集]

その他[編集]

  • 本人のTwitterによると東京出身でありながら熱心な中日ドラゴンズファンである。衛星テレビで中日の主催試合を視聴している。
  • 相撲、ボクシング(WBC)も熱心なファンである。
  • 三日に一冊本を読み上げるほどの読書家であるとのこと。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「メビウス世界の匠たち CHAPTER1 脚本 川上英幸」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、80頁。ISBN 978-4-257-03745-3

外部リンク[編集]