ギャオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギャオスは、大映怪獣映画であるガメラシリーズに登場する架空の怪獣

コウモリのような羽根を持つ飛行生物である。

特徴[編集]

直立歩行が可能で、前足が翼となっている。翼はコウモリのように数本の指骨に支えられ、その間を皮膜がつないだ構造に見えるが、コウモリの場合は親指1本が遊離している位置に、ギャオスの場合は自由に動かせる指が3本ほど存在する。頭部は上面から見ると歪んだ六角形になっており、鼻先や後頭部両側後方が尖っている。そのため、真上から見るとほぼ初心者マークと同じ形になる。尾はあまり長くないが、先端が魚類の尾鰭に近い扇状になって縦向きに付いている。

ガメラシリーズでガメラ以外では唯一、昭和と平成の時代をまたがって映画作品に登場している怪獣であり、その他の媒体(漫画やゲームなど)でも、ガメラの敵役怪獣の中で出演回数が最多におよぶことで有名である。

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』に登場する個体は、体組織が紫外線によって劣化して細胞が収縮するために太陽光線を嫌う夜行性であるが、再生能力に長けており、身体の一部を失っても短時間で再生できる。口からは何でも切断する300万サイクルの衝撃波「超音波メス」を発射するが、これは音叉の役割をする二股の頸椎で発振するため、首は正面で固定された構造となっており、普通の動物のように振り向くことすらできない。あらゆる動物を食する肉食性であり、特に人間の血と肉を好む。『ガメラ対大悪獣ギロン』では宇宙ギャオスという地球では無い星に住む種類が登場している。

ガメラ 大怪獣空中決戦』に登場する個体は、劇中の描写から人間だけでなくブタやイヌなども食することが示唆されているほか、共食いすら行う。昭和のギャオスでは、首が固定され動かせなかったが、こちらのギャオスは何ら問題なく動かせる(超音波メスも、普通に発射可能)。卵生であり、きわめて成長が早く、作中では当初幼体時で翼長が約15メートルだったのが、数日経過して約50メートル、更に最終的に成体になった際は100メートルにまで達している。また、当初は太陽光線を嫌っているが成長に伴って進化し、成体の目には遮光板が形成される。

上記の個体のほか、イリスギャオス(海棲性)という亜種が存在する。

鳴き声は、『メガロマン』のパラボランやウルトラ怪獣の声にたびたび流用された。

登場作品[編集]

  1. 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス(1967年)
  2. ガメラ対大悪獣ギロン (1969年)
  3. ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年)
  4. ガメラ3 邪神覚醒(1999年)
  5. 小さき勇者たち〜ガメラ〜(2006年)
  6. GAMERA(2015年)

昭和ガメラシリーズのギャオス[編集]

超音波怪獣 ギャオス[編集]

初登場した作品は、シリーズ第3作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』である。

尾は短く、ジェット戦闘機の垂直尾翼に似ている。首は太く短く、この部分で背骨が二又しているため、頭部は目と顎以外がほぼ完全に固定された状態となっている(その首の骨が超音波メスの発振源である)。頭部からは光のシグナルを発するうえ、空腹時は頭部の後ろが緑に、体調が危機に陥ると頭頂部が赤に発光する。光の他に炎も苦手とされるが、胸から放出する黄色い霧で鎮火できる。また、太陽の紫外線を浴びると体細胞が壊れる性質を持つが、再生能力は非常に高く、欠損した部位も時間が経過すれば再生される。血液は汚れたような色合いのピンク。

名称は、英一少年の「ギャオーと鳴くからギャオスだ」との発言からである。

このような生物は有史以来出現したことがなく、作中ではどの生物とも異なる分類「怪獣類」が提唱される。主に空を活動域にしており、地上では比較的緩慢である。一方、ガメラは水中や地上では自由に動けるものの、空ではギャオスの機動力に及ばない、という風に両者の活動の差がその戦いに影響を与える。英一少年を襲おうとした際にガメラと対決し、後半で都市部へ進出して名古屋城や新幹線などを襲う。

フォッサマグナ付近の地下空洞で眠っていたらしく、富士山の突然の爆発によって復活すると、そこへ飛来したヘリコプターを地下空洞から発射した超音波メスで切断し、その搭乗員を捕食する。やがて夜間に空洞から外へ飛来し、人間や家畜を襲う。初対戦では、英一少年を救うために現れたガメラに強力な超音波メスを放って近寄らせなかったが、手脚を収納したガメラに体当たりされて怯み、英一少年を救出される。

名古屋でのガメラとの再戦では、激しい空中戦の際に黄色い煙を吹きかけることでガメラの飛行能力を奪って伊勢湾に落とすが、海中から逆襲するガメラに脚を噛まれて動きを封じられ、夜明けが迫ったために脚を引きちぎって逃走する。こうして得られたギャオスの肉片を解析した自衛隊により、人工血液でおびき寄せたギャオスをラウンジの回転盤に乗せて動きを止め、夜明けを待つ作戦が実行される。その結果、ギャオスはおびき寄せられるが、機械が限界を迎えて故障して回転盤が止まったために作戦は失敗し、再び逃走する。

しかし、英一少年の「ガメラは火が好きだからうちの山で山火事を起こせばいい」との発言を受け、自衛隊による山火事作戦が決行される。そして、ギャオスは山火事を鎮火しようと現れるが、そこでガメラとの再々戦となる。超音波メスと黄色い煙を噴出させてガメラの動きを制限し、手脚を収納したガメラを持ち上げて飛翔して高空から何度も落とすが、ガメラの投げた岩で口を塞がれて超音波メスを封じられる。さらに後ろを向けないという弱点をガメラに突かれた末、背後から首を噛まれて大量出血したのが致命傷となり、ガメラに抑え込まれたところに昇ってきた朝日を浴びて完全に動けなくなり、そのまま富士山火口内へ引きずり込まれ、絶命する。

宇宙怪獣ガメラ』では、別個体が宇宙海賊船ザノン号にコントロールされ、名古屋を襲撃する(登場シーンはすべて『ガメラ対ギャオス』の流用)。

造形物は翼を広げたタイプと翼を折りたたんだタイプの着ぐるみ2つに加え、操演モデルと実物大の足の指が作成された。そのうち、翼を広げたタイプの着ぐるみは後述の宇宙ギャオスに流用された。

  • 身長:65メートル
  • 翼長:172メートル
  • 体重:25トン
  • 飛行:マッハ3.5
  • 好物:血液
  • 出身地:日本列島、中部大断層地帯(フォッサマグナ

なお、柳田理科雄の考察本『空想科学読本』においては、「この身長にこの体重では密度は二酸化炭素並みになる」と計算されている[要ページ番号]

宇宙ギャオス[編集]

ガメラ対大悪獣ギロン』に登場。身体が銀色の光沢を持つこと、血液が濃い紫色をしていることを除けば、上記のギャオスと変わらない。この種は複数登場した(複数のギャオスが登場する案は本作が初)。

惑星テラは原子力を利用して文明を発達させていたものの、原子炉の爆発の影響によって宇宙ギャオスが生まれ、次々にテラの住人を襲って捕食するようになったと設定されている[1]

ギロンとの戦闘では得意の超音波メスを放つものの、ギロンの包丁のような頭部で反射され、右足を切断されてしまう。今度は空中から背後に迫るが、ギロンの背面斬りで左翼を切断されて墜落したうえに右翼も切断され、身動きが取れなくなったところで首を切断され、ついに死亡する。肉は酷く臭いらしく、ギロンは殺した個体を切り刻んで食べようとしたが、あまりの臭さに食べるのをあきらめている。宇宙ギャオスが多数存在するにもかかわらず惑星テラが深刻な食糧難となっているのは、そのせいである。

なお、地球のギャオスと違い昼間に活動している。ガメラとは戦っておらず、上記のようにかませ犬として登場という扱いである。

着ぐるみは『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』の翼を広げたタイプを流用。着ぐるみのほか、ギニョールや操演モデルも使用されている。

平成ガメラ3部作のギャオス[編集]

超遺伝子獣 ギャオス[編集]

平成ガメラシリーズでは、はるか太古に滅亡した超古代文明による遺伝子工学の産物(目的は不明。『ガメラ3 邪神覚醒』では「増えすぎた人口を減らすため」という説が提唱されていた。)であり、一貫して「餌は人間、敵はガメラ」という設定である。体細胞のうち染色体は大きいものが1対のみで、無駄な塩基配列がない完全な構造とのこと。また、孵化直後は全員雌であったが、さまざまな生物の遺伝子情報が入っているため、性転換できる。これにより、単為生殖(ギャオスの場合は単独で産卵、繁殖すること)が可能である。孵化直後から体長は数メートルあり、翼長も約15メートル(劇中での大迫力の発言から)と人間よりも数倍大きいうえに成長速度が非常に速く、当初はガメラに片手で弾き飛ばされる程度の大きさしかなかった幼体時から一変し、最大時はガメラとほぼ同じくらいの体格(翼長で言えば約100メートル)にまで成長する。体格も昭和ギャオスよりも格段におおきくなっており、更に成長に伴って凶暴性も増していく傾向があり、食糧不足になると同種間での共食いも始め、弱ったり死んだ仲間に平然と食らいつく。

昭和版に比べると、体色は赤く、頭はやや平たく幅広くなり、眼は目立たない。より動物的なプロポーションとなり、地上での活動も自由自在となっている(終盤での地上戦では、問題なく活動しており、ガメラとも互角に渡り合っている)。昭和版では動かなかった首も、何ら問題なく動かせる。地上を走り、翼を振り回して殴り掛かり、低く飛び上がって足の爪で攻撃することもできる(劇中では語られてないが、設定ではこの爪には神経毒を分泌する毒腺がある)。また、光が苦手で活動は主に夜間が中心となるが、夕暮れ時に飛び回るシーンがあることから、昭和版よりは幾分耐性があるらしく、細胞の破壊が起こる様子はないようである。強力かつ迅速な自己進化能力を持っており、幼体時は白だった眼の色が成体になると真っ赤に変化するうえ、眼の辺りに遮光板のような物が発生することで、苦手だった太陽光にも耐性ができる(終盤における戦いでは、昼間にもかかわらず普通に動いている)。防御力はあまり高くなく(幼体も成体も、ガメラの火球攻撃に耐えることはできなかった)、敵からの攻撃に対しては、空中を飛翔して回避することが主である。飛行速度は昭和版と同じくガメラを上回り、可変翼戦闘機のように「空中で羽根を折り畳み、空気抵抗を減らす」ことによって、その速度をさらに増すことも可能である(この時のシャープな形態を、スタッフは「ヤリギャオス」と呼んでいた[2])。捕食する際には相手を手掴みして口へ放り込む昭和版と違い、直接口で食らいついて貪る。また、昭和版のように耳と頭頂を光らせる機能も無く、炎を鎮火させる煙も出さず、体液も宇宙ギャオスのような紫色なのが異なるが、これは後述するギャオス・ハイパーも同様になる。

当初は長崎県五島列島に出現し、嵐の夜に姫神島の小さな集落を壊滅させた。この時点での体長は数メートルで、3体が確認されている(姫神島の洞窟でも、仲間に食害された死骸が2体発見されている)。自衛隊は、この3体を福岡ドームへ誘導し、用意しておいた肉を食べている隙にドームの天井を閉め、麻酔を撃ち込むという「ギャオス捕獲作戦」を試みるが、1体は麻酔弾が外れて天井が閉じる前に逃亡した直後、上陸したガメラによってコンビナートの送油パイプに叩き落とされ、爆死する。

その後、捕獲に成功した2体も超音波メスでケージを切断し、逃亡する。そのうち1体は木曽山脈に出現し、逃げ遅れた人間を捕食していたが、さらに子供を助けようとしていた長峰真弓たちを捕食しようとしたところをガメラに火球で葬られたが、最後の1体はガメラへの敵視を解いていなかった政府や自衛隊の攻撃を助力にして逃げ切り、富士山の麓の森に降り立ち、更に身長85メートルにまで成長を遂げた後、東京に出現、電車を襲い、乗客たちを食い尽くす。この一件でようやく自衛隊や政府はギャオスの捕獲中止を言い渡し、攻撃対象をガメラからギャオスに切り替えたが、すでにギャオスは手に負えるものではなくなっており、飛行中の自分に向けて発射された81式短SAMを巧みに誘導して東京タワーに命中させ、その折れたタワーの上に営巣して産卵する。しかし、傷が癒えて再び現れたガメラの火球で巣を焼却されて卵は全滅する。

そしてガメラとの戦いは東京を破壊しつつ展開し、ガメラのエルボークローに怯んだ後、高空へ飛翔したガメラを追って飛び上がり、ついには大気圏をも飛び越えて宇宙空間でガメラに追いつくが、それを待っていたガメラに右足を噛みつかれて捕縛されたまま、ジェット噴射を止めたガメラによって強引に地球の重力に引きずり込まれて落下し、再び地上での激戦を展開した末に頭部をガメラのハイ・プラズマによって吹き飛ばされ、死亡した。

昭和版ほど火を嫌う描写は無く、ガメラとの最後の対峙時には炎上するコンビナートにも普通に着地していたが、ガメラに脚を食いつかれた際には超音波メスで自ら足を切り落とし、死亡時には天上へ向かって超音波メスを放つという、昭和版に似た演出が見られた。

ちなみに、初期稿と小説版では5体のギャオスが姫神島から飛び立っている。1体は福岡ドームで自衛隊に射殺され、1体は木曽山中の戦いで負傷した後、仲間に喰い殺された。また、航空自衛隊との折り合いのために映画ではカットされたシーンだが、東京上空でF-15Jを超音波メスによって撃墜し、機体が有楽町マリオンに突っ込むという描写もあった。

造形物は着ぐるみがアクション用とアップ用の2つが作られ、前者は『ガメラ3 邪神覚醒』のギャオス・ハイパー爆破シーンに流用された(頭部のみ現存)。そのほか、ギニョールや操演モデルなどが製作された。

なお、映画公開時に発売されたバンダイのソフビでの商品名は「超遺伝子獣 スーパーギャオス」だった。

『ガメラ3 邪神覚醒』ではライブフィルムで登場する。

  • 身長:85メートル
  • 翼長:185メートル
  • 体重:75トン
  • 飛行速度:マッハ4.2以上
  • スーツアクターは亀山ゆうみ[3](劇中に登場する女性リポーターも演じている)。

ギャオス・ハイパー[編集]

ガメラ3 邪神覚醒』に登場。レギオン戦でガメラが大量の「マナ」を消費した影響で、世界中にある耐久卵が一斉に孵化したことが示唆されている。以前登場したギャオスに比べ、体格はよりシャープかつ動物的なものとなり、体色も黒っぽくなっている。また、飛行能力のみならず繁殖力も大幅に増大している。冒頭では東南アジアで幼体が確認できるほか、メキシコでも目撃報告があった。日本においても渋谷近辺に1995年に確認されたものと同じサイズにまで成長した個体が2頭出現するが、1頭は画面登場の時点でガメラの火球によって墜落したうえ、全身に大火傷を負って眼球が飛び出すなどの大ダメージを受けた状態であり、この個体は墜落後に着陸したガメラにとどめを刺され、残る1頭もガメラの火球によって粉砕された。

世界中に大量発生したその他の個体も、ガメラによって倒されていたことが劇中の台詞で示唆されている。

ラストではギャオス・ハイパーの大群が日本に向かって飛来するシーンが描かれ、対イリス戦で満身創痍となってなお大群に立ち向かおうとするガメラを日本政府と自衛隊は総力で援護し、共に戦う方針を固める。作品は炎上する京都の中で空に向かって咆哮するガメラのシーンで終了しており、その後の詳細は不明。

劇中では単に「ギャオス」と呼ばれていた。

ガメラ 大怪獣空中決戦』のギャオスと比較すると体色は青系統で、前作までのギャオスにはなかった肘が形成されており、被膜を支える指のうち2本が肘の先から生えているほか、翼の皮膜のない3本の指の1本が親指のように生えている。

造形物は着ぐるみはなく、全てギニョールや操演モデルである。実物大の幼体の死骸も制作された。

近藤和久の漫画『大怪獣激闘 ガメラ対バルゴン COMIC VERSION』にも登場する。

  • 体長:88メートル
  • 翼長:190メートル
  • 体重:78トン

アルビノギャオス[編集]

林家しん平による、『ガメラ3』の独自続編映画『駕瞑羅4 真実』に登場。ギャオス・ハイパーの突然変異体。

『小さき勇者たち〜ガメラ〜』のギャオス[編集]

オリジナルギャオス[編集]

劇中の1973年にガメラと戦った怪獣。成体4頭の群れで出現し、皆で襲いかかるという有利な状況でガメラを苦しめたが、ガメラの最後の手段である自爆によって爆死し、全滅した。その後、ギャオスの発生は確認されておらず、具体的な出自などについてもまったく触れられていない。また、一度も名を呼ばれることはなかった。

設定上では過去作品の個体と同様、強靱な生命力を持っている。本作に登場する怪獣ジーダスは、ギャオスの死骸を食べた爬虫類が変異したものと設定されており、人肉を好む性質など共通点も多い。

造形物はガメラ3同様縫いぐるみはなく、すべてギニョールや操演モデルである。全身モデルはなく、CGで表現されている。体色と翼の構造はギャオス・ハイパーとほぼ同じだが、被膜のない指が2本になっている。

  • 体高:30メートル
  • 翼長:90メートル
  • 体重:500トン

『GAMERA』のギャオス[編集]

ガメラ生誕50周年記念でKADOKAWA制作、石井克人監督の『GAMERA』に登場。本作でも平成版のように群れを成して東京を襲撃し、逃げ惑う人々を追い回しては捕食する姿が描かれている。

子供・マナフ(演 - 高橋琉晟)を連れて逃げる父親(演 - 宮藤官九郎)を追い回した個体は、まもなくマナフを突き飛ばして守った父親を捕食してマナフにも襲いかかるが、巨大な別個体のギャオスに食い殺され、その別個体もまたマナフを喰らおうとするものの、そこへ現れたガメラに叩き潰される。その後現れた多数の群れも、ガメラの火炎噴射で全て焼き払われる。

3DCGで表現されてより細身になり、背中に1列の背鰭が骨状に隆起して並ぶほか、歴代ギャオスとの最大の違いは、尾が細長くなり、頭部も鳥類のようなフォルムではなくヘビなどの爬虫類に近いフォルムで、口先などが幾分丸みを帯びているものの人肉を喰らい、共食いも行う凶悪な性質は同じ。ガメラに倒される際、ギャオス・ハイパーのように眼球が飛び出る描写がある。

亜種[編集]

ギャオス(海棲性)[編集]

漫画作品『ガメラ外伝Ver2.5』に登場。海洋で水面下から船舶を襲う謎の巨大生物だったが、自衛隊の巡視船を襲撃中、出現したガメラの攻撃を受けて姿を現し、海棲性のギャオスであることが判明する。頭部の形、巨大な翼等、基本的なフォルムはギャオスと同じだが、翼はヒレ型になる等、水中に適した姿に変異している。海中を高速で移動しながら超音波メスで攻撃してくるが、巡視船により海面に誘導されたところを、ガメラの火球を受け爆散した。

イリス[編集]

『ガメラ3 邪神覚醒』に登場。作中ではギャオスの変異体と見なされているが、その姿は同種とは程遠い。詳細はガメラ3 邪神覚醒#イリスを参照。

出典[編集]

  1. ^ 朝日ソノラマ - 『ファンタスティックシリーズNo13 世紀の大怪獣ガメラ』[要ページ番号]
  2. ^ ホビージャパン - 『ホビージャパンEX 怪獣大進撃4 '96年冬号』記事[要ページ番号]
  3. ^ 亀山ゆうみ - 東宝公式サイト資料室

関連項目[編集]

  • 内藤尚行 - 元プロ野球選手。試合中に「ギャオーッ」と叫ぶことから「ギャオス」の愛称がついた。
  • 町田康 - 同作者の短編集『浄土』の「ギャオスの話」に同名の怪獣が登場。コウモリか鳥に似た身体をしている、超音波光線を吐く、人間を喰らうなど、本項のギャオスに類似する点がある。
  • シズラー (トップをねらえ!) - OVAトップをねらえ!』の登場兵器。頭部のデザインはギャオスをもとにしている。
  • 巨影都市』 - 平成ガメラ3部作のギャオスが「巨影」の一体として登場している。

参考文献[編集]