ノドサウルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノドサウルス科
生息年代: 155–65.5 Ma
エドモントニア
地質時代
ジュラ紀後期 - 白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
下目 : 曲竜下目 Ankylosauria
: ノドサウルス科 Nodosauridae
学名
Nodosauridae
Marsh1890
シノニム
  • Acanthopholididae Nopcsa1902
  • Hylaeosauridae Nopcsa, 1902
  • Polacanthidae Wieland, 1911
  • Palaeoscincidae Nopcsa, 1918
  • Panoplosauridae Nopcsa, 1929
  • Struthiosauridae Kuhn, 1966
  • Edmontoniidae Bakker1988
下位分類
本文参照

ノドサウルス科(ノドサウルスか Nodosauridae)曲竜類恐竜のであり現在の北アメリカ大陸アジア南極大陸ヨーロッパジュラ紀後期から白亜紀後に生息していた。 これらの恐竜の化石記録はアメリカ東部、アランデル累層(en)でしばしば発掘され、これには2012年8月に報告されたメリーランド州グリーンベルトのゴダード宇宙飛行センターで発見された足跡化石も含まれる[1]

特徴[編集]

ノドサウルス科を識別する特徴には以下のものが含まれる:眼窩の上の突起が丸みを帯びていること、後頭顆en)が基後頭骨のみから派生していること、前上顎骨en)の上にオーナメントが存在することである。4つ目のあいまいな特徴がある:肩峰en)がノブのような突起である。全てのノドサウルス科は、他の曲竜類のように中型から大型サイズであると記述でき、重厚な作りの四足歩行の草食恐竜で、小さな小鋸歯上の歯をもち、体の背面の表面に傍矢状の皮骨en)の列(ある種の装甲)を持つ。

分類[編集]

分類学[編集]

ノドサウルス科は1890年、オスニエル・チャールズ・マーシュにより作られ、ノドサウルス属に基づいている。後述の分類は断りが無い限りThompson et al., 2011に拠る[2]

系統[編集]

クレードen)としてのノドサウリダエは1998年にポール・セレノen) により初めて「アンキロサウルスよりパノプロサウルスに近縁なアンキロサウリアとして定義され、Vickaryous, MaryanskaおよびWeishampelによる2004年の定義が続いた。Vickaryous他はノドサウリダエの2つの属がincertae sedisになることを考慮した:ストルティオサウルスとアニマンタルクス、そしてノドサウリダエのもっとも原始的なメンバーがケダラペルタ(Cedarpelta)になることを考慮した。[6] 下記のクラドグラムen)は古生物学者Richard S. Thompson, Jolyon C. Parish, Susannah C. R. Maidment、およびPaul M. Barrettによる2011年の解析の結果得られた最も決定的な樹形である。[2] ポラカンティナエ(en)の位置は ケネス・カーペンターen)による2011年のオリジナルの定義に拠る[5]

Nodosauridae

Antarctopelta





Mymoorapelta




Hylaeosaurus



Anoplosaurus






Tatankacephalus



Polacanthus rudgwickensis


Polacanthinae

Gargoyleosaurus



Hoplitosaurus




Gastonia




Peloroplites



Polacanthus








Struthiosaurus



Zhejiangosaurus





Hungarosaurus




Animantarx




Niobrarasaurus



Nodosaurus



Pawpawsaurus



Sauropelta



Silvisaurus



Stegopelta



Texasetes




Edmontonia



Panoplosaurus










参照[編集]

  1. ^ Gast, Phil. “Apparent dinosaur track found where scientists reach for the stars”. CNN.com. 2012年8月21日閲覧。
  2. ^ a b Richard S. Thompson, Jolyon C. Parish, Susannah C. R. Maidment and Paul M. Barrett (2011). “Phylogeny of the ankylosaurian dinosaurs (Ornithischia: Thyreophora)”. Journal of Systematic Palaeontology 10 (2): 301-312. doi:10.1080/14772019.2011.569091. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/14772019.2011.569091. 
  3. ^ a b Burns, Michael E. (2008). “Taxonomic utility of ankylosaur (Dinosauria, Ornithischia) osteoderms: Glyptodontopelta mimus Ford, 2000: a test case”. Journal of Vertebrate Paleontology 28 (4): 1102–1109. doi:10.1671/0272-4634-28.4.1102. 
  4. ^ http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0080405
  5. ^ a b Carpenter K (2001). “Phylogenetic analysis of the Ankylosauria”. In Carpenter, Kenneth(ed). The Armored Dinosaurs. Indiana University Press. pp. 455–484. ISBN 0-253-33964-2. 
  6. ^ Vickaryous, M. K., Maryanska, T., and Weishampel, D. B. (2004). Chapter Seventeen: Ankylosauria. in The Dinosauria (2nd edition), Weishampel, D. B., Dodson, P., and Osmólska, H., editors. University of California Press.
  • Carpenter, K. (2001). "Phylogenetic analysis of the Ankylosauria." In Carpenter, K., (ed.) 2001: The Armored Dinosaurs. Indiana University Press, Bloomington & Indianapolis, 2001, pp. xv-526
  • Osi, Attila (2005). Hungarosaurus tormai, a new ankylosaur (Dinosauria) from the Upper Cretaceous of Hungary. Journal of Vertebrate Paleontology 25(2):370-383, June 2003.