アンタークトペルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンタークトペルタ
Antarctopelta
生息年代: 白亜紀後期, 74–70 Ma
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
下目 : 曲竜下目 Ankylosauria
: ノドサウルス科 Nodosauridae
学名
Antarctopelta oliveroi
Salgado & Gasparini2006

アンタークトペルタ (Antarctopelta) は、白亜紀後期に生息していたと考えられている恐竜鳥盤類曲竜類(いわゆる「よろい竜」)に分類されるノドサウルスの一種とみなされており、このグループとしては中型の体長約7メートル[1]南極で発見され、2006年にサルガドとガスパリーニによって[2]、「南極の盾」を意味するアンタークトペルタと命名された[1]

ノドサウルス科は曲竜類のなかでも原始的なグループで、アンキロサウルスのような攻撃手段を有さず、硬く鎧のように進化した背中の表皮で身を守るだけだった。ノドサウルスの化石の多くは北半球で発見されているのに対し、アンタークトペルタの化石は南極で発見された。歯や鎧はノドサウルスの特徴を示すものの、分類ははっきりしない[1][注 1]

発見史[編集]

化石

化石は1986年1月、南極のジェイムズ・ロス島から発見された。これは南極で発見された恐竜の化石としては世界初のものだった。発見したのはアルゼンチンの地質学者のEduardo OliveroとRoberto Scassoである。見つかったのは歯が3本と、下顎などの頭骨の一部、首から尾にかけての椎骨の一部、四肢の一部、断片になったよろいの一部などである。化石は6メートル四方ほどの範囲に散乱していたが、1個体のものだと考えられた[3]

しかし、凍土と酷寒の気候に妨げられて、発掘までにはそれから20年ほどを要した。得られた化石も、長年の氷雪の影響で状態は非常に悪いものだった。2006年になって、アルゼンチンの古生物学者、レオナルド・サルガド(Leonardo Salgado)とガスパリーニ(Zulma Brandoni de Gasparini)によって「南極の盾」を意味するアンタークトペルタと命名された(学名のoliveroiは発見者の名前に由来する。)[3]

なお、南極で発見された恐竜としては世界で最初のものだったが、1993年に2番めとなるクリョロフォサウルスが発見されて先に命名されたので、命名順としてはアンタークトペルタは南極で2番めとなった[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アンタークトペルタの化石は全身が発見されているわけではなく、推測に基づく不明確部分が多い。発見された骨の大きさなどからは体長は4メートル程度と見積もる説があるが、近似種で研究が進んでいるエウオプロケファルスと歯の大きさを比較して類推するならば、体長6メートルから7メートルとされているエウオプロケファルスよりも、アンタークトペルタのほうが大きな歯を持っている。全体は見つかっていないものの尾にはアンキロサウルスと同じような攻撃能力を持っていたかもしれないと考える説もあり、そうだとするとノドサウルス科とは異なる特徴を備えていることになる[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c 講談社の動く図鑑 MOVE 恐竜』,p46-47
  2. ^ 講談社の動く図鑑 MOVE 恐竜』,p218
  3. ^ a b c d Salgado, L.; Gasparini, Z. (2006年). “Reappraisal of an ankylosaurian dinosaur from the Upper Cretaceous of James Ross Island (Antarctica).”. Geodiversitas 28 (1): 119–135. 

参考文献[編集]