スケリドサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スケリドサウルス
スケリドサウルス
スケリドサウルス化石
地質時代
ジュラ紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
: スケリドサウルス科 Scelidosauridae
: スケリドサウルス属 Scelidosaurus
学名
Scelidosaurus
Owen1861

スケリドサウルスScelidosaurus=四肢の爬虫類、の意)は、中生代ジュラ紀前期のヨーロッパに生息していた恐竜の一つ。剣竜下目曲竜下目を含む装盾亜目の初期群、スケリドサウルス科に属する。

形態[編集]

全長は約4m。スケリドサウルス科では最大級となる。どっしりとした胴体には骨質の装甲が発達し、背面には板状の骨板及び2列のスパイクが規則的に並ぶ。また体側と尾の下面には多数のスパイク列、首の背面には3本のスパイクを持つ装甲板が一対存在する。[1]装甲のため胴体の重量があり、また前肢の作りが頑丈であったことから、四足歩行性であったとされる。頭骨は比較的小さい。[2]または非常に貧弱で、口先が幅の狭い嘴状になっているのも特徴的。恐らく地表近くの柔らかい植物を選択的に採食していた物と思われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『恐竜博物図鑑』 80 - 81頁
  2. ^ 『脊椎動物の進化』 211 - 212頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]