装盾亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
装盾類
Thyreophora
生息年代: 前期ジュラ紀-後期白亜紀, 200.91–66 Ma
ガストニア ステゴサウルス
地質時代
前期ジュラ紀 - 後期白亜紀
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 鳥盤目 Ornithischia
階級なし : Saphornithischia
階級なし : ゲナサウルス類 Genasauria
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
学名
Thyreophora
Nopcsa1915[1]
和名
装盾類(そうじゅんるい)
装盾亜目(そうじゅんあもく)[2]
担楯亜目(たんじゅんあもく)[3]
下位分類群

装盾類(そうじゅんるい)あるいは装盾亜目(そうじゅんあもく[2])、担楯亜目(たんじゅんあもく[3]学名: Thyreophora)は、小型から超大型の装甲をまとい、前期ジュラ紀から恐竜時代の終わりまで全ての大陸で生息していた、鳥盤類ゲナサウルス類の一群である。レソトサウルス[7]ラキンタサウラが含まれる可能性がある[6]

概要[編集]

装盾類はその名のとおり、全身を覆う鎧のような皮骨を持っていたことが特徴である[6]。基盤的な形態は、単純で低く、キールのある鋸歯や皮骨を持っていたが、より派生したものはサゴマイザーや装甲板など、より精巧な構造を発達させた。全ての装盾類は草食性で[8]、体の大きさの割には比較的小さかった。

装盾類には、曲竜類剣竜類などといった様々なグループが含まれる。その中で、特に剣竜類は、前肢後肢よりはるかに短かった。この分類群は、「トリケラトプスよりもアンキロサウルスに近縁なすべての種からなるグループ」と定義されている。装盾亜目は、ゲナサウルス類の中の角脚類姉妹群である。

装盾類の下位分類[編集]

基盤的な装盾類[編集]

基盤的な装盾類は、曲竜類と剣竜類につながる分類を形成するか[9][10]、あるいは曲竜類との姉妹関係にあり、剣竜類はそのどちらよりも基盤的かのどちらかである[11]。前期ジュラ紀に出現し[12][13]後期ジュラ紀には見られなくなった[14]

これらは小型から中型の恐竜で、小さな原始的な皮骨でできた板を持っていた。また、初期のうちは二足歩行をし[8]、後に四足歩行へと進化した。基盤的な鳥盤類と体つきは似ており、ほっそりしていた[6][14][15]スケリドサウルススクテロサウルスエマウサウルスユキシサウルス英語版など、これらの大部分は北半球北アメリカヨーロッパ中国から知られている。

アンキロサウルス類[編集]

曲竜類は、真曲竜類アンキロサウルス科ノドサウルス科を含む)とパラアンキロサウルス類が主要なグループである[16]

中でもアンキロサウルス科は、真竜類の2つののうちの1科。中期ジュラ紀から後期白亜紀まで、アフリカ以外の世界中で栄えた[12][13]。このは、膨張した椎骨が融合しひとつの塊となった大きな尾部が特徴的である。彼らは体格がよく、から尻尾まで骨の鎧で覆われ、まぶたのような小さな特徴に至るまで重装甲であった。また、""はほとんど、あるいは全くなく、おおよそシャベル型をしており、頭部両側のほぼのあたりに2本の棘があるのが特徴。エウオプロケファルス・トゥトゥスは、おそらく最もよく知られたアンキロサウルス科である。

ノドサウルス類[編集]

ノドサウルス科は真曲竜類のうちのもう一方の科であり、実際にはアンキロサウルス科の祖先が含まれている可能性がある。中期ジュラ紀(約1億7000万年前)から後期白亜紀(約6600万年前)にかけて生息し、アンキロサウルス科と同じように装甲をまとっていたが、尾部にはスパイクがなかった。その代わりに、体の他の部分を覆っていた骨の瘤や棘が尾まで続き、肩に鋭い棘をまとっていた[12][13]。ノドサウルス類の例はサウロペルタエドモントニアで、後者は前方に突き出た肩の棘が特徴的[13]

パラアンキロサウルス類[編集]

パラアンキロサウルス類は、2021年に別の分類群として認識された、曲竜類よりも基盤的なグループである。中期ジュラ紀に真曲竜類から分岐したと考えられている。真曲竜類とは異なり、ゴンドワナ大陸に分布し、南アメリカ南部、オーストラリア大陸南極大陸から知られている。四肢が細長いなど、より基本的な特徴を残しているが、最も特徴的なのはの武器、マクアフティル(同名の武器にちなんで命名)で、尾の裏側に扇状の構造を形成する平らな骨皮の配列からなる。この構造は剣竜類のサゴマイザーや曲竜類のスパイクに似ているが、それとは異なった。マクアフティルはステゴウロスから完全に知られており、おそらくアンタークトペルタの断片的な化石からも知られている[16]

剣竜類[編集]

剣竜類ステゴサウルス科ファヤンゴサウルス科からなる[7]。これらの恐竜は主に中期ジュラ紀から後期にかけて全ての大陸で生息していたが[7]、一部の化石は前期白亜紀にも見つかり[17]、白亜紀の中頃には絶滅した[12]。剣竜類は体に対し頭部が非常に小さく[17]、単純なのようなシンプルなを持っていた。剣竜類は、脊椎に沿った板や棘の列と、細長い背椎骨を持っていた。剣竜類の剣板は体温調節の役割があり[6]、種を識別するためのディスプレイとして、また誇示行動やライバルを威嚇するために使われたと考えられている[7]。剣竜類でよく知られているものとして、ステゴサウルスケントロサウルス等が挙げられる。

分類[編集]

分類学[編集]

ランク分類学の分類法は恐竜古生物学者の間ではほとんど廃れてしまったが、21世紀の出版物の中にはランク分類を残しているものもいくつかある。ほとんどの場合、装盾類は一般的に、剣竜類と曲竜類を含むランク付けされていない分類群として分類されているが、装盾類は、剣竜類と曲竜類を下目として装盾類が亜目に分類されることもあり、剣竜類と装盾類が亜目として分類されることがある。

系統発生学[編集]

装盾類は、1915年フランツ・ノプシャによって最初に命名された[1]。装盾類は、1998年ポール・セレノによって「トリケラトプスよりもアンキロサウルスに近縁なすべてのゲナサウルス類」と定義された。装盾様類(そうじゅんようるい[2]、Thyreophoroidea)は、1928年にノプシャによって最初に命名され、1986年にセレノによって「スケリドサウルスアンキロサウルス、それらに最も近縁な共通祖先とそのすべての子孫」として定義された[18]。寛脚類(かんきゃくるい[2])あるいはエウリポッド類(えうりぽっどるい[7]、Eurypoda)は1986年にセレノによって初めて命名され、1998年に彼によって「ステゴサウルス、アンキロサウルス、それらに最も近縁な共通祖先とすべての子孫」と定義された[19]。以下のクラドグラムは、古生物学者のRichard S. Thompson、Jolyon C. Parish、Susannah C. R. Maidment、Paul M. Barrett.による2011年の分析に基づいたものである[9]

 装盾類 

スクテロサウルス

エマウサウルス

 装盾様類 

スケリドサウルス

 寛脚類 

剣竜類

 曲竜類 

アンキロサウルス科

ノドサウルス科

以下のクラドグラムはRiguettiら(2022)の系統解析であり、Soto-Acuñaら(2021)の曲竜類の分類を取り入れたものである[10][16]

装盾類

スクテロサウルス

エマウサウルス

スケリドサウルス

ジャカピル英語版

寛脚類
剣竜類

ファヤンゴサウルス科

ステゴサウルス科

曲竜類

パラアンキロサウルス類

真曲竜類

アンキロサウルス科

ノドサウルス科

2020年デビット・ノーマン英語版スケリドサウルスのモノグラフの一部として、初期の装盾類の関係を修正し、剣竜類が最も基盤的であり、スクテロサウルスエマウサウルス、スケリドサウルスは剣竜類+曲竜類ではなく、曲竜類の進歩的なステムグループであることを発見した。クラドグラムを以下に示す[11]

 装盾類 

 剣竜類

 

スクテロサウルス

エマウサウルス

    

スケリドサウルス

曲竜類

脚注[編集]

  1. ^ a b Nopcsa, Ferenc (1915). “Die dinosaurier der Siebenbürgischen landesteile Ungarns”. Mitteilungen aus dem Jahrbuche der KGL 23: 1–24. http://dinodata.de/dinothek/pdf_d/1915/001_Nopsca_Jahrb_1915_dd.pdf. 
  2. ^ a b c d 冨田幸光・對比地孝亘・三枝春生・池上直樹・平山廉・仲谷英夫「恐竜類の分岐分類におけるクレード名の和訳について」『化石』第108巻、日本古生物学会、2020年、24 - 30頁、doi:10.14825/kaseki.108.0_23 
  3. ^ a b 松井正文 編『バイオディバーシティ・シリーズ 7 脊椎動物の多様性と系統』岩槻邦男馬渡峻輔監修、裳華房、2006年、343-345頁。ISBN 978-4-7853-5830-3 
  4. ^ Raven, T. J.; Barrett, P. M.; Joyce, C. B.; Maidment, S. C. R. (2023). “The phylogenetic relationships and evolutionary history of the armoured dinosaurs (Ornithischia: Thyreophora)”. Journal of Systematic Palaeontology 21 (1): 2205433. doi:10.1080/14772019.2023.2205433. 
  5. ^ 橋本千絵 編『講談社の動く図鑑MOVE 恐竜2 最新研究 新訂版』小林快次 監修、講談社、2023年、5頁。ISBN 978-4-06-532918-4 
  6. ^ a b c d e 吉野敏弘 編『学研の図鑑LIVE 新版 恐竜』真鍋真 総監修、Gakken、2022年、136 - 155頁。ISBN 978-4-05-205184-5 
  7. ^ a b c d e f グレゴリー・ポール 著、東洋一今井拓哉河部壮一郎柴田正輝関谷透服部創紀 訳『グレゴリー・ポール恐竜事典 原著第2版』共立出版、2020年8月30日、256 - 259頁。ISBN 978-4-320-04738-9 
  8. ^ a b 冨田幸光『小学館の図鑑NEO 恐竜 新版』冨田幸光 監修、小学館、2014年、116頁。ISBN 978-4-09-217311-8 
  9. ^ a b Richard S. Thompson, Jolyon C. Parish, Susannah C. R. Maidment and Paul M. Barrett (2011). “Phylogeny of the ankylosaurian dinosaurs (Ornithischia: Thyreophora)”. Journal of Systematic Palaeontology 10 (2): 301–312. doi:10.1080/14772019.2011.569091. 
  10. ^ a b Riguetti, Facundo J.; Apesteguía, Sebastián; Pereda-Suberbiola, Xabier (2022-08-11). “A new Cretaceous thyreophoran from Patagonia supports a South American lineage of armoured dinosaurs” (英語). Scientific Reports 12 (1): 11621. doi:10.1038/s41598-022-15535-6. ISSN 2045-2322. PMC 9372066. PMID 35953515. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9372066/. 
  11. ^ a b Norman, David B (2021-01-01). “Scelidosaurus harrisonii (Dinosauria: Ornithischia) from the Early Jurassic of Dorset, England: biology and phylogenetic relationships” (英語). Zoological Journal of the Linnean Society 191 (1): 1–86. doi:10.1093/zoolinnean/zlaa061. ISSN 0024-4082. https://academic.oup.com/zoolinnean/article/191/1/1/5893854. 
  12. ^ a b c d 『講談社の動く図鑑MOVEmini 恐竜』小林快次 監修、講談社、2020年、22 - 33頁。ISBN 978-4-06-516327-6 
  13. ^ a b c d 『講談社の動く図鑑MOVE 恐竜 新訂版』小林快次 監修、講談社、2016年、34 - 46頁。ISBN 978-4-06-220103-2 
  14. ^ a b 芳賀靖彦 編『学研の図鑑LIVE(ライブ)ポケット⑦ 恐竜』真鍋真 監修、Gakken、2017年、146頁。ISBN 978-4-05-204568-4 
  15. ^ 土屋徹 編『学研の図鑑LIVE 恐竜』真鍋真 監修、Gakken、2014年、146 - 163頁。ISBN 978-4-05-203966-9 
  16. ^ a b c Soto-Acuña, Sergio; Vargas, Alexander O.; Kaluza, Jonatan; Leppe, Marcelo A.; Botelho, Joao F.; Palma-Liberona, José; Simon-Gutstein, Carolina; Fernández, Roy A. et al. (2021). “Bizarre tail weaponry in a transitional ankylosaur from subantarctic Chile”. Nature 600 (7888): 259–263. Bibcode2021Natur.600..259S. doi:10.1038/s41586-021-04147-1. PMID 34853468. 
  17. ^ a b 中村真哉 編『ニュートン科学の学校シリーズ 恐竜の学校』小林快次 監修、ニュートンプレス、2023年、20頁。ISBN 978-4-315-52725-4 
  18. ^ Sereno, Paul (1986). “Phylogeny of the bird-hipped dinosaurs (order Ornithischia)”. National Geographic Research 2 (2): 234–256. 
  19. ^ Paul, Sereno (1998). “A rationale for phylogenetic definitions, with application to the higher-level taxonomy of Dinosauria”. Neues Jahrbuch für Geologie und Paläontologie, Abhandlungen 210 (1): 41–83. doi:10.1127/njgpa/210/1998/41. 

関連項目[編集]