装盾亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
装盾亜目
Thyreophora
ミモオラペルタ
ミモオラペルタの骨格
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
ジュラ紀 - K-T境界
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
下目,
本文参照

装盾亜目(そうしゅんあもく、Thyreophora)もしくは装盾類(そうしゅんるい)は、鳥盤目に属する草食恐竜の分類群である。中生代ジュラ紀から白亜紀の終わりまで生息した。一般的な特徴として装甲を身にまとっているものが多い。

下位分類[編集]

装盾亜目は大きく分けると曲竜下目 (Ankylosauria) と剣竜下目 (Stegosauria) の2つの下目により構成される。また、スケリドサウルス科は中でも一番原始的で、曲竜下目と剣竜下目に別れる前のグループと考えられている。