タルキア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タルキア
Tarchia kielanae 2.JPG
Tarchia kielanaeの頭骨
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
下目 : 曲竜下目 Ankylosauria
: アンキロサウルス科 Ankylosauridae
: タルキア属
Tarchia
学名
Tarchia
Maryańska1977
シノニム
  • Dyoplosaurus giganteus Maleev, 1956

(originally Dyoplosaurus giganteus

タルキアTarchia "賢いもの"の意味)はモンゴル白亜紀後期に生息したアンキロサウルス科の恐竜のである。現在知られるアジアのアンキロサウルス科の恐竜では最も新しく、2つの完全な頭骨と1つのほぼ完全な首から後の骨格を含む5つ以上の標本により知られている。化石はモンゴル、ネメグト盆地のバルン・ゴヨト累層(en)(以前は下部ネメグト層として知られた)の上部白亜系(おそらくカンパニアン-マーストリヒチアン)から発見された。多くのアンキロサウルス科の種のように、尾に骨質のこぶを持っていた。

記載[編集]

タルキアと人の大きさ比較
皮膚の印象標本

タルキアはアジア最大の曲竜類の1つで、体長8-8.5 m、頭骨長40 cm、頭骨幅45 cmと推定されている。また体重は4.5 tと推定される。 名前はこのどっしりした頭骨にちなむもので(モンゴル語で"脳"を意味するtarkhiとラテン語のia)、タルキア属には現在のところタイプ種であるT. giganteaのみが含まれる。化石が発見された岩は断続的な湖や季節風のある、風成砂丘や砂丘間環境と表現されるような場所にあった。それゆえ、タルキアは砂漠の動物として知られる。タルキアの頭部の造形に見られる形態は、球根形や多角形の寄り集まりで、バルン・ゴヨト累層の別の曲竜類であるサイカニア・クルサネンシスを連想させる。

タルキアは相対的に頭蓋底en)が大きいこと、融合していない後頭骨傍突起と方形骨の接触、および前上顎骨en)のくちばしが上顎骨の歯列の最大距離よりも広いことに基づいてサイカニアと識別される。タルキアの歯には歯と歯の咬合を示す摩擦面が存在する(Barret, 2001)。

分類と系統[編集]

Vickaryous et al. (2004)では白亜紀のアンキロサウルス科の2つの明確なクレードがタルキアと深く入れ子になっているとし、1つ目のクレードは北アメリカのタクサアンキロサウルスエウオプロケファルス)からなり、もう一つのクレードはアジアのタクサ(ピナコサウルスの各種、サイカニアティアンチェノサウルスタラルルス)からなるとされる。"ディプロサウルス"・ギガンティウスはタルキアのシノニムとみなされ、タルキアの第2の種として提案されているT. kielanaeT. giganteaと同一のものである事がわかった(Vickaryous et al., 2004)。

タルキアの頭骨の三面図

参照[編集]

  • Barret, P. M. 2001. "Tooth wear and possible jaw action in Scelidosaurus harrisonii and a review of feeding mechanisms in other thyreophoran dinoaurs", in Carpenter, K. (ed.) The Armored Dinosaurs. Indiana University Press, Bloomington. pp. 25–52.
  • Carpenter, K., Kirkland, J. I., Birge, D., and Bird, J. 2001. "Disarticulated skull of a new primitive anklyosaurid from the Lower Cretaceous of Utah", in Carpenter, K. (editor) 2001, The Armored Dinosaurs. Indiana University Press
  • Maryanska, T. 1977. "Ankylosauridae (Dinosauria) from Mongolia",. Palaeontologia Polonica 37:85-151
  • Tumanova, T. A. 1978. "New data on the ankylosaur Tarchia gigantea", Paleontological Journal 11: 480-486.
  • Vickaryous, Maryanska, and Weishampel 2004. "Chapter Seventeen: Ankylosauria", in The Dinosauria (2nd edition), Weishampel, D. B., Dodson, P., and Osmólska, H., editors. University of California Press.

外部リンク[編集]