Ark Performance

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ark Performance
本名 原作:石川考一
作画:光吉賢司
他にも共同執筆者あり。[1]
生誕 (生年不明)
日本の旗 (出身地不明)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1998年[2] -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 蒼き鋼のアルペジオ
公式サイト Ark-Performanceて、最近どうなのよ?
テンプレートを表示

Ark Performance(アーク・パフォーマンス)は、日本漫画家。石川考一と光吉賢司の共同筆名。石川がストーリーを担当し、光吉が作画を担当するという役割分担になっている。光吉(壱号)と石川(弐号)の2人以外にも共同で作業する者がおり、筆名を共有する者の人数は変動している[1]

経歴[編集]

角川書店に持ち込みをした作品が、「香美小路さん家のΣ-πr^2」として『月刊少年エース』にて1998年および1999年の2回にわたって掲載されデビューを果たす[2]。 初期は2人で執筆していたが、『シェリフスターズ』製作の頃には3人から4人の体制と変動しており、2009年以降は3人の体制で製作しているという[1]

ユニット結成前は、2人とも『週刊少年ジャンプ』の契約漫画家だった時代があるという。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第196巻では巻末のコメント欄に、当時を振り返ってのコメントおよび「こち亀」と「アルペジオ」のコラボイラストを寄せている。

作品リスト[編集]

連載中の作品[編集]

完結作品[編集]

読切作品[編集]

  • 香美小路さん家のΣ-πr^2(月刊少年エース 1998年・1999年、全2回) - デビュー作。「作品集1 宅配屋ポー」収録(タイトル「Σ-πr^2」)。
  • コロポックン神道記(月刊少年エース 1999年、読切) - 「作品集2 DUALACCOUNT」収録。
  • 真珠湾奇襲攻撃 (週刊新マンガ日本史 49号 山本五十六、2011年)[3]

短編集[編集]

  • Ark-Performance 作品集1 宅配屋ポー(幻冬舎コミックス)
2008年3月24日発売 ISBN 978-4344812543
  • Ark-Performance 作品集2 DUALACCOUNT(幻冬舎コミックス)
2008年3月24日発売 ISBN 978-4344812550

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 明けましておめでとうございます。 - Ark-Performanceて、最近どうなのよ? - 本人のブログ 2009年1月17日付のコメントより。
  2. ^ a b 本日発売 - Ark-Performanceて、最近どうなのよ? - 本人のブログ 2008年3月24日付のコメントより。
  3. ^ 朝日新聞出版 週刊 新マンガ日本史

外部リンク[編集]