シネミス・ガメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シネミス・ガメラ
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
下目 : 真潜頸下目 Eucryptodira
: シネミス科 Sinochelyidae
: シネミス属 Sinemys
: ガメラ S. gamera
学名
Sinemys gamera
Brinkman & Peng , 1993

シネミス・ガメラ (Sinemys gamera ) は、白亜紀前期に生息していたカメの絶滅した。カメ目 - 潜頸亜目 - シネミス科 - シネミス属に属する[1]

発見[編集]

中華人民共和国内モンゴル自治区において進化生物学者リー・ヴァン・ヴェーレンによって発見された。カナダの古生物学者、ドナルド・ブリンクマン (Donald Brinkman) [2]およびペン (Peng) によって1993年に命名されている。属名(Sinemys )はギリシャ語のsinai (中国)+emys (カメ)、種小名(gamera )は日本の怪獣映画に登場する怪獣・ガメラに由来する[2]

特徴[編集]

甲長約13 - 20センチメートル[3]。比較的小型の海生カメ。首を完全に甲羅に隠すことができるようになった潜頸亜目のグループに属する。頭骨に鼻骨が残っているなど、祖先的な形態を残している[4]。外見的な特徴としては、腹甲が大きく退縮、背甲が独特の六角形になり、その左右に翼のような突起を持つことが挙げられる。この突起は先端に行くほど細くなり後退角が付いている[5]。発見された化石では幅は最大でおよそ24センチメートルであったという。この翼状の突起は、泳ぐために発達した甲羅の形状と推測されている。F-117B-2といったステルス機髣髴ほうふつさせる形状から、研究者達は「ステルス爆撃機ガメ」という愛称でも呼んでいる[6]

日本では食玩チョコラザウルスなど、幾つかのメーカーがフィギュア化している。しかし、このカメを正確に再現できているものは決して多くない[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平山廉 2006, p. 32.
  2. ^ a b 金子隆一 2007, p. 73.
  3. ^ 平山廉 2006, p. 114.
  4. ^ 平山廉 2006, p. 113.
  5. ^ 金子隆一 2007, p. 175.
  6. ^ 金子隆一 1996, p. 224.
  7. ^ 金子隆一 2007, p. 176.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]