大気圏外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大気圏外(たいきけんがい)は、天体等の大気圏より外の高い真空の空間(たとえば地球の場合、高度約250kmで、「超高真空」と定義されている圧力になる)ないし宇宙空間のことである。

明確な区切りがあるわけではない。たとえば地球の大気圏の高度による分類と、現行の宇宙開発における「宇宙」の定義をてらし合わせると、熱圏の上層部は高度800kmまで広がっているが、人工衛星などの低軌道の下半分はそこに含まれてしまうというように「宇宙」の定義は「高度100kmから上」である。また、いわゆる大気圏(再)突入の「大気圏」は、おおむね100kmのあたりに境がある(空気抵抗の影響があらわれ始めるのが120kmぐらいであり、いわゆる「ブラックアウト」が起きるのが中間圏に入る80kmぐらいである)。