たのきん3球コンサート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

たのきん3球コンサート(たのきんさんきゅうコンサート)とは、田原俊彦近藤真彦野村義男の3名による「たのきんトリオ」が、1980年代初頭に行ったコンサートである。音楽監督はジャニーズ事務所の先輩でもある元「ハイソサエティー」・「スーパーエイジス」の高橋洋一が務めた。

概要[編集]

当時爆発的な人気を誇っていた「たのきんトリオ」によるスタジアム公演によるコンサートツアーであり、ジャニーズ事務所としても初のスタジアム公演となった。タイトルの「3球」は、たのきんトリオが3人のグループであることの「3」、3ヶ所の球場で行われるための「3つの場」、また応援をしてくれているファンへの感謝を意味を込めた「ありがとう」=「Thank you」の意味が込められている。

当時スタジアムでコンサートが行われる事態珍しいことであったが、3大都市でツアー形式で行われることは極めて稀であった。

第1回目[編集]

第2回目[編集]

  • 1983年
    • 8月7日 - 後楽園球場(公演中止)
    • 8月14日 - ナゴヤ球場
    • 8月28日 - 大阪球場
      • 「たのきんトリオ」としては最後のコンサートとなり、この大阪球場公演をもってトリオは解散となった。なお、8月7日に予定されていた後楽園球場公演は、チケットの申込者に当選結果を発送した後、警察サイドからの「安全面の観点から、2階席の最前列に観客を入れないでほしい」との申し出に対し、「当選発表をした現在では、観客の数を削減できない」とジャニーズ事務所が判断したため、やむを得ず中止することになった。この公演中止に際し、3人が揃って記者会見を行い、発表を行なった。
      • 後にファンクラブ限定でライブビデオが販売された。

主な曲目[編集]

1981年・後楽園球場[編集]

  • THE青春SAILING
  • 銀座カンカン娘
  • Good Luck Road
  • 恋のローラースケート
  • 他多数…

1983年・ナゴヤ球場&大阪球場[編集]

  • シャワーな気分 (田原俊彦、1983.5.18)
  • さらば…夏 (田原俊彦、1983.8.12)
  • 真夏の一秒 (近藤真彦、1983.4.27)
  • ためいきロ・カ・ビ・リー (近藤真彦、1983.7.15)
  • 待たせてSorry (野村義男、1983.6月のアルバム曲)
  • 気まぐれOne Way Boy (THE GOOD-BYE、1983.9.1のデビュー曲)
  • 他多数…
    この他、少年隊イーグルスも参加。当時のジャニーズJr.約30名も応援出演しているが、当時はまだ関西Jr.が存在しなかったため、東京のJr.たちが原宿の合宿所からバス移動で、大阪や名古屋まで駆け付けた。

関連項目[編集]