閃光電球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
閃光電球と発光器

閃光電球(せんこうでんきゅう)は、フラッシュバルブFlashbulb )とも呼ばれ、エレクトロニックフラッシュ(いわゆるストロボ)の普及以前に盛んに使用された、撮影時にシャッターと同調させてフラッシュガンに装着して発光する写真撮影用の照明。普通は電流で発光させるが、機械的衝撃で発光させるバルブもある。

概要[ソースを編集]

閃光電球
フラッシュキューブ
フラッシュバー

閃光電球は発光器(はっこうき)、もしくはフラッシュガンと呼ばれる、小型のアンブレラを持ち、発光用の電池とコンデンサを収めた装置を必要とする。(ガンは大型のコンデンサーを必要としないため)小型軽量の発光器と、カメラをシンクロケーブルで接続することでシャッターと同期して発光する。

エレクトロニックフラッシュ(ストロボ)との最も大きな違いは、金属を燃やすことで光を得ることである。そのメカニズムは、ビニールで保護したガラスのバルブの中に発光材(アルミニウムまたはジルコニウムの燃焼を容易にするための細く線状にしたもの)と酸素とを封入し、タングステン線とジルコンを主剤に酸化物(過塩素酸カリ、酸化鉛など)を混入した着火剤により、フラッシュバルブをガンに取り付け電流を流すと、タングステン線が最初に加熱されて燃え、これが球の中に飛び散り発光剤に引火して大光量を発する。たいていガラスのバルブはこの時のガス圧でひび割れし、また一般的な電球におけるフィラメントに相当するタングステン線も燃焼・蒸発により断線する。従って使い捨てであり、写真を一枚撮影するたびに新品のバルブと交換が必要となる。発光直後は高温なので、交換作業には注意が必要である。

その他、エレクトロニックフラッシュであれば技術的に光量を変更することは容易であるが閃光電球は光量を変更することができない、多くの閃光電球はモノクロ用でカラー撮影の場合はカラー用のものが必要となる、発光するまでのタイムラグが大きい、電球の携帯が煩わしいなどの欠点がある。

連続して使用する場合に電球の交換が煩わしいため、工夫された製品も現れている。これらは発光器が持つはずのアンブレラも(小さいながらも)内蔵しており、直接カメラに差し込んで使用する。

  • フラッシュキューブFlashcube ) - 4つの電球をひとつにまとめた立方体となっており、一度使うたびに90度回転させることで4回発光できる。インスタマチックカメラやポケットカメラ、ミノックスなどで使われた。
  • マジキューブMagicube ) - フラッシュキューブと同様だが、スプリングがマジキューブの根元にある接点を叩くことで発光するため、電源を持たないカメラに直接取りつけて使用できる。外観はフラッシュキューブと酷似しているが、差込口が異なるため間違える心配はない。
  • フラッシュバーFlashbar ) - 複数の電球が横に並んだ構造となっており、それらを順番に発光させることができる。ポラロイドSX-70など対応するカメラの上部に差込口がある。レンズ前面のカバーを撮影時に持ち上げると、そのカバーに差込口が表れるものもある。

沿革[ソースを編集]

1929年[1]、ドイツのハウフ(Hauff )より世界初の閃光電球が発売された。閃光粉は撮影者のシャッター操作を見計らって手動発光を行う助手が必要であったが、閃光電球は閃光粉と違い電気で発光させるため助手が不要になり、また光量をシャッターに合わせて効率的に使えるようになった。

これに米ゼネラル・エレクトリック(1930年[注釈 1])、日本の東京電気(現東芝、1931年[1])、蘭フィリップス(1934年)と続き、特に報道関係で重用されるようになった。

戦後は小型低価格の規格が次々と現れ、アマチュア間にもフラッシュ撮影が普及した。後述のBC式発光器は小型軽量で、これを組み込んだカメラも現れた。1960年代からはストロボ(エレクトロニックフラッシュ)も普及してきたが、黎明期のエレクトロニックフラッシュは光量が小さくまたカラー撮影時の色再現が悪かったため、大光量を必要とする際やカラー撮影には閃光電球が多用された。ストロボは発光の持続がミリ秒より短いため、高速シャッターではスリット状になるフォーカルプレーンシャッター日中シンクロ撮影を行う場合に対応できず、燃焼時間の長い(FP級)閃光電球が必要だった。

しかし大光量のストロボが製品化されるに従い、初期投資は低くても経費のかかる閃光電球撮影は1980年代中頃から廃れていった。さらに、発光が数十ミリセコンド持続するストロボが出現し、FP級閃光電球の必要性もなくなった。

発光タイミングによる分類[ソースを編集]

スイッチが入ってから最大光量に達するまでの時間で分類される。

  • F級 - 10msで最大光量に達する[1]。1950年代まで使用された[1]
  • FP級 - FP接点に設定したフォーカルプレーンシャッターで使用する。後幕が閉まり終わるまで光り続けるよう光量が平均して長く持続するよう設計されている[1]。1980年に販売されていた製品で例を挙げれば6Bプレス6Bプレス6がある。
  • M級 - 20msで最大光量に達する[1]。M接点に設定したレンズシャッターで使用する。全てのシャッタースピードで使用可能。フォーカルプレーンシャッターでもM接点があれば1/30秒程度以下で使用可能。1980年に販売されていた製品で例を挙げれば3B5BプレスBプレス22B22がある。
  • MF級 - 11msで最大光量に達する。X接点で使用する。レンズシャッターでは全てのスピードで、フォーカルプレーンシャッターではシャッター幕が全開となるスピード以下で使用可能。1980年に販売されていた製品で例を挙げればAG-3Bがある。
  • S級 - 発光までの時間が長い代りに光量が多い。

コーティングの色による分類[ソースを編集]

閃光電球そのものの色温度は3800K前後で、(白黒用)写真電球と同程度である。モノクロ写真では殆んど補正の必要はないが[注釈 2]、(昼光用)カラーフィルムの場合コーティングが透明なバルブではかなり赤っぽく写ってしまう。

特にリバーサルフィルムでは撮影後の補正が不可能なので[注釈 3]、コーティングを青く着色し色温度を上げた製品が主流になっていった[注釈 4]。 品名末尾にB[注釈 5]の文字が入っているものはこのカラー対応品である。

なお赤外線写真用も生産されていた。可能な限り可視光線を出さないような塗装がなされており、肉眼では真っ黒に見えた。

取り付け規格による分類[ソースを編集]

オールグラス(口金がなくピンが剥き出し)、バヨネット(P13.5口金の差し込み式豆電球と同じ形)、エジソン(E17電球相当 最も大きい)があり[2]、合ったものでないと使用できない[1]。ただしアダプターがあれば使用できるものもある。この他2M、MXなど早期に廃れた規格もあり、中古のフラッシュガンを購入する際には注意が必要である。

品番にAGと入っているのがオールグラスで、1980年に販売されていた製品で例を挙げればAG-3Bが代表的である[1]3B5B6BプレスBプレスプレス6Bプレス6がバヨネット[1]22B22がエジソンである[1]

発光器[ソースを編集]

初期の閃光電球では1.5Vの電池を2-4個直列に使用する場合が多く(後述)、懐中電灯のような円筒に電池を収め、その先端に閃光電球用のソケットと反射笠とを装備した発光器が使われていた。(撮影者から見て)カメラの左側に装着するのが普通で、円筒部分をグリップのように握り、右手でシャッター等を操作した.昔の記者会見映像や、映画「甘い生活」「ローマの休日」等のパパラッチに、その様子が見て取れる。

なお、旧い発光器では電解コンデンサーが交換できるようになっている製品が多い。ほぼ100%の充放電が大電流で繰り返されるので、専用の部品でも昔は容量抜け等が生じたためである。一般用のコンデンサだと寿命が極端に短くなる場合が多いので、交換には(現在では)ストロボ用の電解コンデンサを使用すべきであるが、個人で入手するのはかなり困難である。

電源[ソースを編集]

初期には3-6Vの電源を使用した。しかしこの方法では、発光器やカメラの接点における接触抵抗のため、閃光電球に充分な電流[注釈 6]が流れず、シャッターとの同調が不安定になることがある。そのため1950年代からはコンデンサーと積層電池を使用したBC型発光器[注釈 7]が使われるようになり、従来型をB型[注釈 8]と呼ぶようになった。BC型では15-22.5Vの電池で電解コンデンサーを充電し、フィラメントを通して放電させると、閃光電球には積層電池とほぼ同じ電圧が印加されることになる。燃焼とともにフィラメントは焼き切れ電路は断たれるので、それまでのごく短い時間だけ大電流が流れ[注釈 9]、確実な発光が得られる。

主に積層電池ボタン電池が利用される。もっともポピュラーなものは15VのW10積層電池、22.5Vの015(BL-015、15F20)である。ボタン電池としては水銀電池のMR9(H-D)やNR52等の比較的容量の大きな電池やごく普通の単3電池を使用するものもある。また特殊な積層電池を使うものなど多数である。

現在W10電池や015電池は国内では生産されておらず[注釈 10]、015よりも端子が数mm短いがほぼ同形で真空管ラジオ用に販売されている15F20や、電圧が24Vと高いものの015と完全に互換性のある形状のリチウム一次電池NC706がFDKから販売されている。W10に関しては現行のボタン電池を用いるアダプターを使用する以外、国内での購入は難しい。一部のユーザーは12Vの小型アルカリ電池27Aや3Vのリチウムコイン電池を複数組み合わせて自作の電源で代用することがある。

なおアメリカにおいてはエバレディより015、W10ともに製造販売が行われており、海外の通販を利用すれば電池の購入は可能である。

主要メーカー[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 『クラシックカメラ専科No.2、名機105の使い方』p.77は1934年とする。
  2. ^ 写真電球と同様に赤系統が明るく写るので、人物写真では(黄)緑色のフィルターを用いて唇の描写を落ち着かせることはあった。
  3. ^ ネガカラーの場合は、プリント時に指定すれば一応の補正はできる。
  4. ^ 冷調用のフィルターを用いれば、透明コーティングのバルブでも使用できる。
  5. ^ ブルー=青の意。
  6. ^ 1A以上流れればほぼ確実に同調。なお発光(燃焼)に必要な電気エネルギーは10mW・s(=10mJ)程度である。
  7. ^ バッテリーとキャパシターの意。
  8. ^ バッテリーの意
  9. ^ 積層電池は内部抵抗が大きく、単独では大電流を流せない。
  10. ^ FDKでの最終生産は2000年である。東芝、ナショナルも90年代中頃に生産完了している。

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『クラシックカメラ専科No.2、名機105の使い方』p.77。
  2. ^ フラッシュ撮影 「The Classic Camera」

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]