上杉憲房 (南北朝時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉憲房
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 建武3年/延元元年1月27日1336年3月10日
官位 兵庫頭蔵人上野守護
主君 足利尊氏
氏族 上杉氏
父母 父:上杉頼重
兄弟 重顕頼成憲房
清子(足利貞氏側室)、日静
加賀局(勧修寺道宏正室)、高師直正室
憲顕憲藤重行高師泰正室、
養子:重能重兼(勧修寺道宏子)

上杉 憲房(うえすぎ のりふさ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将上杉氏3代当主。室町幕府初代将軍足利尊氏やその弟・直義の母方の伯父。

略歴[編集]

鎌倉幕府打倒に功があり、伊豆国地頭職と上野国守護職を与えられ、新田義貞を牽制する役を担った。尊氏が建武の新政に反発し反乱を起こすと共に上洛したが、北畠顕家・新田義貞の反撃を受けたため尊氏は京都から九州へ逃走、京都四条河原の戦いにおいて尊氏を逃がすため戦死した。

子の憲顕山内上杉家の、憲藤犬懸上杉家のそれぞれ祖となった。