上杉勝道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉勝道
Uesugi Katsumichi.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政9年2月28日1826年4月5日
死没 明治29年(1896年3月22日
官位 従五位下駿河、維新後子爵
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂慶喜
出羽米沢新田藩
氏族 上杉氏
父母 父:上杉斉定、養父:上杉勝義
兄弟 斉憲、男子2人、勝道板倉勝顕正室、
秋月種殷継室、青雲院(池田政和正室)、良(秋元志朝正室)、山崎治正正室
正室:谷衛昉
養子:勝賢上杉斉憲四男)

上杉 勝道(うえすぎ かつみち)は、江戸時代後期から末期にかけての大名出羽国米沢新田藩最後の藩主。維新後、子爵

文政9年(1826年)、米沢藩11代藩主・上杉斉定の四男として誕生。米沢新田藩4代藩主・上杉勝義の養子となり、天保13年(1842年)3月9日の勝義の隠居により家督を継いだ。天保14年12月18日(1844年)、従五位下・駿河守に叙任する。藩政においては洋式軍制を奨励した。また、本藩である米沢藩の藩政にも協力している。戊辰戦争においても出陣して活躍した。明治2年(1869年)7月、新田藩の所領を本藩に返し、新田藩は廃藩となった。

明治3年(1870年)11月7日、明治天皇の次侍従に就任する。明治4年(1871年)7月28日、解任される。明治5年(1872年)7月29日、隠居し、養子勝賢(亨、兄・斉憲の四男)が家督を継いだ。

明治29年(1896年)3月22日、死去。享年71。

脚注[編集]

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
新田上杉家初代
次代:
上杉勝賢