上杉憲定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 憲定(うえすぎ のりさだ、天授元年/永和元年(1375年) - 応永19年12月18日1413年1月20日)は、室町時代前期の守護大名関東管領上野伊豆守護。山内上杉家出身で上杉憲方の子。憲孝房方の弟、憲重の兄。子に憲基佐竹義人。官位は安房守、右京亮

応永元年(1394年)、父の死により家督を継ぐ。応永6年(1399年)、応永の乱が勃発、大内義弘に呼応しようとした鎌倉公方足利満兼を押し止める一方、今川泰範と共に泰範の叔父了俊の助命嘆願をしている。応永12年(1405年)、関東管領となって満兼とその子持氏を補佐した。憲方は満兼時代から既に破綻をきたしていた室町幕府との関係改善に努めたが、応永17年(1410年)に持氏の叔父満隆の謀反騒動が起こり、翌応永18年(1411年)に管領職を上杉氏憲(禅秀)に譲っている。この騒動は反憲定派が満隆と結びついたためとされている。

応永19年12月18日(1413年1月20日)、38歳で死去し、後を長男の憲基が継いだ。法号は光照寺大全長基。