深谷上杉家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深谷上杉家(ふかやうえすぎけ)は、室町時代関東地方に割拠した上杉氏の諸家のひとつ。山内上杉家上杉憲顕の実子である上杉憲英庁鼻和上杉(こばなわうえすぎ)を名乗り、憲英の曾孫の房憲より深谷上杉と称した。憲英・憲光父子は、幕府から奥州管領に任じられた。

扇谷上杉家と共に武蔵国を割拠していたが、上杉朝定北条氏康に敗れ滅亡し、後北条氏の勢力が武蔵に及ぶと、憲英から数えて7代目の憲盛の代に、後北条氏に降伏した。以後は後北条氏の傘下となったが、小田原征伐で後北条氏が敗れた後は、豊臣秀吉によって所領を奪われた。庶流に深谷氏小久保氏久下氏市田氏。代表的な家臣には岡谷氏秋元氏井草氏上原氏らがいる。

憲盛の次男・吉次の子孫は500石の旗本となり、上杉盛房は、1837年(天保8年)に66歳で勘定奉行、1844年(弘化元年)に73歳で大目付(役高3000石)に昇進[1]、1854年(安政元年・83歳6月)に83歳になるまで勤めた[2]

歴代当主[編集]

系図[編集]

 主要拠点 [編集]