上杉憲藤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
上杉憲藤
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 文保2年(1318年
死没 延元3年/建武5年3月15日1338年4月5日
戒名 古岩道涼
官位 中務大輔修理亮
幕府 室町幕府
主君 足利尊氏
氏族 犬懸上杉家
父母 父:上杉憲房
兄弟 憲顕憲藤重行高師泰正室
養兄弟:重能重兼勧修寺道宏子)
朝房朝宗三浦貞清正室

上杉 憲藤(うえすぎ のりふじ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将犬懸上杉家の祖。足利尊氏直義の母方の従弟にあたる。

略歴[編集]

文保2年(1318年)、上杉憲房の子として誕生。

足利尊氏、その子・千寿王に仕えた。延元3年/建武5年(1338年)2月には尊氏に従って上洛し、摂津国南朝方の北畠顕家と戦って奮戦する。しかし3月15日、摂津渡辺の戦いで奮戦したものの戦死した。享年21。

なお、『鎌倉大日記』には延元2年/建武4年(1337年)に関東執事に任じられたとするが、それを裏付ける根拠が無く、発給文書などからみても、初代執事の斯波家長の没後は上杉憲顕が関東執事に就任したと考えられ、憲藤が執事に就任したというのは事実でないと考えられる[1]

跡を子・朝房が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 小要博「関東管領補任沿革小稿 その(一)」『法政史論』5号、1978年