上杉邦憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上杉 邦憲
(うえすぎ くにのり)
生誕 (1943-04-18) 1943年4月18日(74歳)
日本の旗 日本山形県
研究分野 宇宙工学
研究機関 東京大学
宇宙科学研究所
宇宙航空研究開発機構
出身校 東京大学
主な業績 さきがけ及びひてんの打ち上げを担当
主な受賞歴 日経BP技術賞(1991年)
NASA Group Acheivement Award(1993年)
NASA Group Achievement Award(1998年)
第13回 日本航空宇宙学会技術賞(2003年)
National Space Society(米国)
  Space Pioneer Award(2006年)
科学技術分野文部科学大臣表彰(2007年)
NEC C&C財団25周年記念賞(2010年)
プロジェクト:人物伝

上杉 邦憲(うえすぎ くにのり、1943年昭和18年)4月18日 - )は、日本宇宙工学者。学位工学博士。専門は、宇宙航行力学システム工学上杉氏第32代当主。山形県生まれ。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 1985年昭和60年)のハレー探査機「さきがけ」及び1990年平成2年)の米ソについで3番目の月衛星「ひてん」の打ち上げを担当した。
  • 2007年(平成19年)4月、惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトチームの一員として「平成19年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)」を受賞(受賞業績名:「はやぶさ」のイトカワへの降下と着陸及び科学観測に関する研究、受賞時の職名:元 独立行政法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部宇宙航行システム研究系主幹)。

家系[編集]

江戸時代中期から昭和時代までの米沢上杉氏系図。

上杉隆憲・敏子夫妻の長男で、旧米沢藩上杉家の17代当主にあたる(山内上杉家[注釈 1]では32代目)。また、母・敏子は徳川宗家17代当主・徳川家正の次女である。初代米沢藩主・上杉景勝の直系子孫であり、血統上の主な先祖には他に徳川吉宗吉良義央島津義弘今川義元北条氏康などがいる。

宇宙科学の分野で活動する傍ら、上杉家の当主ということもあり、上杉氏関連の講演会で講師も務めている。

親族[編集]

  • 父:上杉隆憲
  • 母:上杉(徳川)畝子
  • 兄弟姉妹:筧統子、山中絇子、高橋隆治
  • 長男:上杉裕憲
  • 長女:上杉朋子
  • 従兄、義叔父:徳川恒孝
  • 従弟:松平恒和

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上杉重房を初代とする。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース