鷹司煕通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鷹司煕通
たかつかさ ひろみち
Hiromichi Takatsukasa 01.jpg
生年月日 安政2年2月16日1855年4月2日
没年月日 (1918-05-17) 1918年5月17日(63歳没)
出身校 陸軍士官学校
前職 侍従武官
称号 勲一等旭日大綬章
大礼記念章
勲三等旭日中綬章
明治三十七八年従軍記章
勲六等瑞宝章
大日本帝国憲法発布記念章
正四位
配偶者 鷹司順子
子女 長男・鷹司信輔
次男・鷹司信熙
親族 義父・徳大寺実則(内大臣)
兄・九条道孝(貴族院議員)
兄・鶴殿忠善(貴族院議員)
義兄・菊亭脩季(貴族院議員)
弟・二条基弘(貴族院議員)
甥・九条道実(貴族院議員)
甥・鶴殿家勝(貴族院議員)
甥・二条厚基(貴族院議員)

テンプレートを表示
大正天皇即位の大礼使長官時の鷹司凞通(1915年)

鷹司 煕通(たかつかさ ひろみち)は、日本華族陸軍軍人侍従長貴族院議員。官位陸軍少将従一位勲一等公爵

経歴[編集]

九条尚忠の子として安政2年(1855年)に生まれた。嗣子のなかった鷹司輔煕養嗣子となり、輔煕の「煕」とその父政通の「通」をとって煕通と名乗った。

1872年明治5年)、養父の隠居に伴い鷹司家を相続した。同年、ドイツに留学した。

1879年(明治12年)2月1日陸軍士官学校(旧2期)を卒業した。同期には大迫尚道陸軍大将井口省吾陸軍大将、大谷喜久蔵陸軍大将男爵がいた。

1889年(明治22年)11月5日皇太子嘉仁親王東宮武官に就任、1902年(明治35年)6月12日には侍従武官に就任する。その間、1884年(明治17年)7月7日に公爵に叙され、1890年(明治23年)2月には公爵議員として貴族院議員に就任した。

1907年(明治40年)11月13日、陸軍歩兵大佐に進み、1910年(明治43年)2月16日、陸軍少将に昇ると共に後備役となり、侍従職幹事に就任する。1912年(大正元年)12月21日、侍従長に任命される。1915年(大正4年)4月1日、陸軍を退役[1]1916年(大正5年)5月、従一位、勲一等に叙され旭日大綬章を賜る。1918年(大正7年)5月17日、脳溢血のため薨去[2]

栄典[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第809号、大正4年4月16日。
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)16頁
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  5. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  6. ^ 『官報』第2680号「叙任及辞令」1892年6月6日。
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
日本の爵位
先代:
叙爵
公爵
鷹司家初代
1884年 - 1918年
次代:
鷹司信輔