木下道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 道雄(きのした みちお、1887年6月13日 - 1974年12月5日)は、昭和天皇侍従

経歴[編集]

東京生まれ。1912年東京帝国大学法学部卒。1913年岡山県警部。1917年岡山県和気郡郡長内閣書記官。1924年東宮事務官・宮内書記官東宮侍従。1927年皇后宮事務官。1930年宮内大臣官房秘書課長、1931年同官房総務課長、1933年内匠頭。1936年帝室会計審査局長官、1945年10月皇后宮大夫侍従次長。1946年依願免官[1]

著書[編集]

  • 『今上陛下を拝し奉りて』大政翼讃会宣伝部 1944
  • 『忘れ得ぬこと』憲法の会 憲法問題決定版 1965
  • 『宮中見聞録 忘れぬために』新小説社 1968
    • 『新編 宮中見聞録 昭和天皇にお仕えして』日本教文社 1998
  • 『側近日誌』文藝春秋 1990。高橋紘
    • 『側近日誌 侍従次長が見た終戦直後の天皇』中公文庫 2017

脚注[編集]

  1. ^ 『新編宮中見聞録』略歴