大金益次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大金益次郎

大金 益次郎(おおがね ますじろう、1894年(明治27年)10月28日 - 1979年(昭和54年)3月11日、満84歳没)は、昭和期の日本官僚

経歴[編集]

栃木県出身。大田原中学二高を経て、1919年(大正8年)に東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入省。

大阪府保安課長・京都府地方課長などを経て、1927年(昭和2年)宮内省に移る。宮内大臣秘書官侍従・総務局長などを歴任した後、1945年(昭和20年)宮内次官。翌1946年(昭和21年)戦後初の侍従長に就任。昭和天皇の信任厚く、同年神奈川県を皮切りに始まった全国巡幸では、宮内大臣松平慶民・宮内次官加藤進とともに、企画・立案・実施の中心人物として活躍した。また、侍従時代には、昭和天皇の特使として昭和三陸地震の被災地となった各県を精力的に訪ねて回り、罹災者に、天皇からの御下賜金を渡して歩いた。

1948年(昭和23年)に退任し、以後は日本銀行監事・済生会理事長を務めた。1955年(昭和30年)に回想記『巡幸余芳』(新小説社)を刊行している。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 戦前期官僚制研究会編 / 秦郁彦著『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』、東京大学出版会、1981年


先代:
藤田尚徳
侍従長
1946(昭和21)年 - 1948(昭和23)年
次代:
三谷隆信