鈴木一 (農林官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 一(すずき はじめ、1901年〈明治34年〉11月27日[1] - 1993年〈平成5年〉11月19日[1])は、日本の農林官僚

経歴[編集]

東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、旧制第一高等学校を経て[1]1925年文官高等試験行政科試験に合格[1][2]。翌年東京帝国大学法学部卒業[1][2]。卒業後は農林省に入り、農林属、水産局に勤務し[1]、農林事務官、山林局、畜産局勤務を経て、農林大臣秘書官となる[1]日中戦争が始まり、召集され[1]陸軍主計中尉となり、1940年に召集解除となる[1]。その後は農林省に戻り、文書課長、大阪営林局長、山林局長を経て、1945年、綜合計画局参事官兼内閣総理大臣秘書官となる[1]終戦後は宮内省内匠頭主馬頭、主殿頭、侍従次長を経て[1]外務省出入国管理庁長官、法務省出入国管理局長を務めた[1]。出入国管理庁長官時代の1951年、不正入出国に関する件で衆議院行政監察特別委員会に証人喚問された[3]1954年、農林事務官となるが間もなく退職[1]。同年日本中央競馬会副理事長[1]1970年、東京穀物商品取引所理事長となる[1]

親族[編集]

父は海軍大将政治家、第42代内閣総理大臣鈴木貫太郎[1]娘は音楽評論家鈴木道子。妹は陸軍大将藤江恵輔の妻のさかえ。[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本近現代人物履歴事典』315頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、253頁。
  3. ^ 第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第12号 昭和26年5月26日

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。