梨本宮守正王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梨本宮守正王
Morimasa Nashimotonomiya.jpg
梨本宮守正王
続柄 久邇宮朝彦親王第四王子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下→皇籍離脱
His Imperial Highness
出生 1874年3月9日
日本の旗 日本京都府
死去 (1951-01-01) 1951年1月1日(満76歳没)
日本の旗 日本東京都
配偶者 鍋島伊都子
子女 方子女王
規子女王
父親 久邇宮朝彦親王
母親 原田光枝子
役職 元帥陸軍大将
皇典講究所総裁
テンプレートを表示

梨本宮守正王(なしもとのみや もりまさおう、1874年明治7年)3月9日 - 1951年昭和26年)1月1日)は、日本皇族陸軍軍人。官位は元帥陸軍大将栄典大勲位功四級大韓帝国最後の皇太子である李王垠の岳父。第125代今上天皇大叔父にあたる[1]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

久邇宮朝彦親王の第4王子として1874年に誕生。当初は多田と名付けられたが、梨本宮家相続にあたり、守正と改名した。梨本宮家は初代守脩親王のあと、山階宮家出身の菊麿王が後継者となったが、のちに実家を継ぐことになったため梨本宮家を離れ、代わって守正王が相続したものである。このため、実際には3代目であるが、公式には守正王が2代目とされる。

結婚[編集]

1896年(明治29年)に陸軍士官学校卒業後、歩兵第11連隊[2]1903年(明治36年)にフランス留学。これに先立つ、1900年(明治33年)に鍋島直大侯爵の二女伊都子と結婚。方子女王規子女王の2女をもうける。1904年(明治37年)11月3日に大勲位菊花大綬章を受章した。

軍歴[編集]

日露戦争では、参謀本部勤務。次いで第3軍付き武官として出征した。この功績により、1906年(明治39年)4月1日に功四級金鵄勲章を受章。日露戦争の勝利後再度フランスへ留学。フランス陸軍大学を卒業。第一次世界大戦では第16師団長など部隊長を歴任し、陸軍大将に累進し、元帥の称号を賜った。1940年(昭和15年)4月29日には大勲位菊花章頸飾を受章。軍事参議官、日仏協会総裁在郷軍人会総裁、大日本武徳会総裁などを歴任。

伊勢神宮祭主[編集]

第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)、伊勢神宮祭主に就任した。1945年(昭和20年)には皇典講究所第6代(最後)総裁に就任した。

A級戦犯容疑[編集]

敗戦後、神宮祭主であったことから国家神道の主体的な頭目であったとみなされ、皇族としてただ1人A級戦犯容疑者に指定されて、巣鴨プリズンに拘置された。本人も身の覚えがないと自覚しており、半年後に不起訴で釈放されたが、宮邸に帰宅してみると、集団強盗に襲われ家財の多くが盗難に遭っていた(犯人の一部は逮捕された)。

同じ皇族の元帥でも、統帥部長を長く務め軍部の動向にも大きく影響を及ぼした閑院宮載仁親王伏見宮博恭王に比べれば、ほとんど軍務や時勢には関与しておらず、「誰も覚えていなかったような過去の人」(秦郁彦)、「間違いで引っ張ったとしか思えない」(半藤一利)と評された[3]浅見雅男は、つまるところは戦勝国による皇室への恫喝だろうと推測している[4]

同じくA級戦犯に指定されて出頭せず後に自殺した近衛文麿は、守正王が出頭した新聞記事を見て「宮様も宮様だ。なぜ陛下のために、日本のために何故自決して下さらなかったのか」と無念そうに嘆いたという[5]

1946年5月23日、貴族院議員を辞職[6]。連合国軍占領統治下の1947年10月に皇籍離脱。同月公職追放[7]。1951年(昭和26年)元日に、自邸で逝去。享年78。没後の1952年3月に公職追放解除[8]

栄典[編集]

没後[編集]

伊都子妃は、守正王亡き後も「最後の貴婦人」として振舞い、規子女王の二男広橋儀光、次いで久邇宮多嘉王の三男龍田(梨本)徳彦夫妻を養子に迎えた(梨本徳彦夫妻養子に先立ち、儀光とは離縁)。1976年昭和51年)8月19日に94歳で逝去した[14]。なお伊都子妃は、秩父宮妃勢津子の伯母である(勢津子妃の母松平信子の姉)。

血縁[編集]

守正王一家
長女・方子女王の納采の儀に際し、記念撮影

脚注[編集]

  1. ^ 小田部雄次 『皇族』 中央公論新社〈中公新書〉、2011年ISBN 978-4-12-102011-6
  2. ^ 『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿』(明治31年7月1日調)128頁
  3. ^ 引用は、「歴代陸軍大将全覧 大正篇」P252より、中公新書ラクレ、2009年
  4. ^ 浅見雅男 『皇族誕生』 角川文庫 ISBN 978-4043944897、209p
  5. ^ 富田健治 『敗戦日本の内側-近衛公の思い出』P278より (古今書院、1962年)
  6. ^ 『官報』第5822号、昭和21年6月13日。
  7. ^ 『朝日新聞』1947年10月17日二面。
  8. ^ 『朝日新聞』1952年3月19日夕刊一面。
  9. ^ 『官報』第3713号「叙任及辞令」1895年11月12日。
  10. ^ 『官報』第6405号「叙任及辞令」1904年11月4日。
  11. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  12. ^ 『官報』第1499号「叙任及辞令」1931年12月28日、p.742。
  13. ^ 『官報』第4570号「宮廷録事 勲章親授式」1942年4月7日、p.213。
  14. ^ 最晩年に、回想記『三代の天皇と私』(講談社)を公刊した。

外部リンク[編集]

先代:
菊麿王
梨本宮
3代: 守正王
次代:
(皇籍離脱)